読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自活できない生活実態

Webの記事で↓

正規雇用で働いた経験がない40歳未満の非正規社員の57・1%が低収入のため自活できず、生活費の大半を同居家族らに頼っていることが、求人広告会社アイデムのアンケートで31日分かった。

 景気は回復傾向にあるものの、依然として不安定な雇用が若者の自立を妨げている実態が浮き彫りになった。

 23〜39歳の働く未婚男女に生活費を主に誰が出しているかを聞いたところ、「家族など自分以外の人が大部分または全部を出している」と答えた割合は、最初の就職から現在まで正社員の人が29・3%だったのに対し、正社員経験のない非正規社員では57・1%に上った。

こんなのを見かけた。

6割近い人が一人の収入で生活できないという事実より、正社員でも30%近い人が同じく生活できない実態の方が私には衝撃的だ。住居費に年齢別に税的控除を設けるとか、いろいろな方法で若年層の生活支援策を打ち出さないと税金を納める労働者層が生きる希望を失って無気力化する流れが定着し、ひいては国力低下がもっと加速すると思う。民衆は『恵んでくれ!』とは言って無い。『一生懸命働いたらちゃんと食べて行けるようにしてくれ!』と言っているのだ。自分の仕事をきっちり、その人なりに一人前働けたらきちんと一人前暮らせるようにしてほしい。それだけだ。ただ飯食わせてくれとは言っていない。


どうしてそれが出来ないのか?