読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朝起きる為にやっていること

朝は5時45分にはたいてい起きる事にしています。

会社へ普通に始業時刻までに出勤するのなら多分7時に起きれば間に合います。

でも、会社へ到着して仕事が出来る状態に機材をセットするのに30分くらいかかるからギリギリに会社へ到着するのは避けるようにしていて。すると余裕をもって6時30頃起床すれば間に合うのですが、一度それで遅刻しそうになったので、寝坊しても間に合う時間に起床する癖をつけようと色々工夫した結果、5時45分頃起床するところへ落ち着いた。

さて、ここからが本題。

夏場はともかく冬場は寒いのでなかなか布団から出られない事もあるだろう。でも私は比較的苦労しないで起きられるようになった。そのためにやっている事を整理したら概ね以下の事を実践していた。

1.早く寝る。
2.事前に部屋が暖かくなる様にしている。
3.起きてからの行動が決まっている。
4.運動する。


1.は極力0時前には寝るようにしている。昔はほぼ通年で2時ごろ就寝、6時起床だったが、38歳になったあたりからそれでは集中力が日中低下する事が多くなったので止めました。

2.エアコンの入タイマー予約をして起床時間1時間前に部屋を暖め始めるようにした。これで布団から出やすくなる気がしますね。

3.起床想定時間から15分刻みで○○をやる。と項目が幾つか決まっています。それを15分の制限時間内にやって行くと最終的に出勤可能な状態になるように設定しています。

4.これが起きた後に一番効果があるのですが、体幹トレーニングをします。冬場だとかなり体が温まりますので目を覚ますのに丁度よいです。

たまたまこれら4つの実践が冬場の起床をたやすくする工夫にぴったりらしいのでまとめてみました。ええ、ネットで見かけた記事に出てたので気になっただけですが。