読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人型ロボットで競争が激しくなって来た。

ソフトバンクは電子機器の受託製造サービス世界最大手の台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業グループと組み、人工知能を搭載したヒト型ロボットを量産する。合弁会社を設立し、年内にも年1万台規模で始めるとみられる。接客や介護など幅広い分野で活躍が期待されるロボットだが、生産コストの高さが普及の課題となっている。安価で量産できる体制を日台の企業連合で整え、成長領域をいち早く開拓する。

日経新聞に載ってた。

人型ロボットというところがミソでけして『二足歩行ロボット』では無いのね。

夢は二足歩行ロボット、所謂アンドロイド系統が出てくる世界だけど、それよりも商品化しやすい「人型ロボット」で先に日銭を稼ぐようなイメージなんだろうな。

姿勢制御とかコストを考えたら二足歩行なんて真っ先に要らない機能だものね。

ああ、SFチックな夢はまたちょっと遠のく。