読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

国立競技場の話。

2020年東京オリンピックパラリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場について、運営するJSC=日本スポーツ振興センターが開いた有識者による会議で、改築費は斬新なデザインにこだわるなどした結果、当初よりも900億円多い2520億円になることが決まりました。膨大な建設費に批判が集まるなか、5年後に向けた計画が進められることになりました。

NHKニュースによると決まったみたいですね。国立競技場。前回の東京オリンピックは戦後復興のシンボルとして勢いを出そうとして必死だった当時の日本が幾年も使える国立競技場を作った訳ですが。今回は経済大国となった日本が見栄の為に見た目に拘った結果、後世に汚点として残る建築物として国立競技場を建ててしまいそうです。


オリンピックと言う国の威信をかけた大舞台で盛大に失敗を作り上げ未来に『こんなばかばかしい決着をしてしまってすいません!』という無駄遣いの象徴を残すことは今後の世代にしっかり習い伝えて、糧として行かねばなりませんね。

なにせ国民の血税がそそだれている訳ですから。