読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

デカ盛り店で惨敗!

20代後半から30代前半までが食欲の全盛期だったと思う。

ファミレスで一人で5千円分メニューを頼んで一人で平らげていたら、『お連れ様はまだですか?』と聞かれたのは懐かしい思い出だ。当然、4人掛けのテーブルでいえ自分ひとりで食べますと答えて店の人が『失礼しました!!』といって小走りに行ってしまったのですが。悪いことしたなとちょっと罪悪感があった。ただ食べていただけですが。

牛丼屋に行って、特盛り2杯食べて、並弁当を持ち帰りして家でおやつ代わりに食べるとかはもう出来ない。

さて、そんな私が部下同僚と共に男女混合4人組で蕎麦の大盛り店へ繰り出した。

地域では有名なお店で味はそこそこだが量が半端なかった。

女子も大盛りを注文して4名全員戦闘体制。

完食するまで帰らないとの意気込みで食べるも30分もしないで全滅。

各言う私も半分くらいしか食べられず。

1.2kgカレーとか平らげていた自分はもういないのだなと悟った。

唯一、完食を期待された20代の部下たちは男女とも食べきれず敗退。特に女子はギャル曽根のような痩せの大食いタイプの子だったので期待されていたが残念な結果に…。蕎麦なら行けるだろうとなめて掛かったのがダメだったのか、そもそも太刀打ちできないレベルだったのか。

多分後者だろう。

もう次からは美味しいお店の食べ歩きオンリーにしようっと。

辛すぎて駄目だ。