読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピザの価格破壊

『PIZZA NAPOLETANO CAFE(ピッツァナポレターノカフェ)』をご存知だろうか。

日経新聞にも記事が出てしまうワンコインピザで最近巷を賑わせている店舗型ピザ屋さんだ。

『イタリア産小麦“00粉”と天然酵母“ルヴァン”を使った生地は注文をいただいてから400℃の高温で焼き上げる、耳までおいしいこだわりのナポリピッツァはもちろん、窯焼き野菜などのサイドメニュー、ホームメイドティラミス、挽きたて淹れたてのオーガニックコーヒーや新鮮フルーツで作るナチュラルソーダなどドリンクにもこだわった、カフェとして、ドリンクだけでも気軽にくつろいでいただける空間です。』

このピザ屋さんのWebからコピペ。

食べたい…。正直食べに行きたい。

以前、日本に来たピザ職人が異口同音に言っていた事。

それは『日本のピザは何でこんなに高いの?!』という事。本場イタリアではファストフードであることもさることながら、そもそも庶民の食べ物であるピザは安いことが一つの決め手になるのだそうで。大阪でたこ焼きが高かったら買われないのと同じことなのだろうか。

本場イタリア並みの価格帯で勝負にでた『PIZZA NAPOLETANO CAFE(ピッツァナポレターノカフェ)』残念ながら、まだ東京にしか無さそうだが、関東やら関西へどんどん広がってゆくことをお願いしたい。食べに行きたいよな。

宅配ピザ業界も店舗型ピザ店も大いに意識して価格を値下げしてきている。消費者には嬉しい限りだが、働いている人たちにはやっとデフレ脱却が見えてきたのにどうなんだろうと、心配になったりもする。