読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久々に見ごたえのある映画

2012年の作品ですが、『耳をかく女』を鑑賞。


これ面白い。


もうどっかでみた映画手法の集合体なんだろうけど、音楽も間も、配役も、シナリオも絶妙。いや、本当にたいしたことやってないのに日常とか普通の生活ってこんなに大事でダイナミックだったのかと気がつかせてくれる。


生きるだけでも大変だよね色々と。これを映画という限られた形で纏められるって、改めて凄いと考えさせられた。最近、考える映画あんまり見てないなと思ってしまった。ラスト・サムライ以降感じたこと無い衝撃のある作品だった。なんでもない日常の説得力を甘く見てはいけないと、ちょっと反省。