読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これ選択制にしてくれないかな?

日本テレビのWeb版でこんな記事を見かけた。

 

 

総務省は各種ポイントカードをマイナンバーカードに一本化できないか、検討を始めることにした。

 これは総務省の仕事始め式で高市総務相が指示したもの。カードを発行している企業や団体を結ぶシステムを立ち上げ、各種ポイントカードや銀行、図書館、商店街などのカードをマイナンバーカードに一本化しようというもので、来年春以降の実現を目指す。

 各企業はポイントカードのサービスで利用者の囲い込みを狙っているが、総務省幹部は「磁気カードからICチップ入りカードに移すための莫大(ばくだい)な投資を行わずに済む」と企業側にもメリットがあることを強調している。

 

 

これって、素人目に見てもリスクの増大は必至にみえますよ?

 

マイナンバーはいるいらないにかかわらず国民全員に配られている訳ですから、ポイントを一括管理するかしないかは最終的にマイナンバー保持者の本人が『選択』出来る様にして欲しい。

 

でないと、勝手にポイントを一括にされて挙句、その情報がマイナンバー事抜かれる犯罪を助長させるような事態になったら本当に笑えない。

 

色んなものを一元管理するのは効率化に確かにつながるのだろうが、その分一元管理されている情報そのものの価値が増大し、その情報を失うリスクは大きくなる。投資だってわざわざリスク分散の為に一か所でまとめない訳で、貯金だって今は一か所の銀行に預けたりしない。たかがポイントかも知れないが、人によってはどのポイントを持っている人かで購買傾向が知れるのだろうし、ノーリスクという訳には行かないだろう。

 

個人情報と言えば言えなくもない。

 

税金等の公的手続きには必要だから使うけれど何でもマイナンバーってのは正直嬉しく無い。せめてマイナンバーユーザーに選べるようにして欲しい。