読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

車って今後売れるの?

車には「移動価値」「体感価値」「所有価値」の3つがあるという。このうち移動価値と所有価値は徐々に薄れていき、経営の仕方も限られた販売台数を起点にどう高収益を上げるかに重心が置き換わっていく可能性がある。IT(情報技術)産業からの新規参入企業も間違いなく、そういう状況をつくり出そうとするだろう。「日本を捨ててグーグルに向かう」フォード。同社もそれに気づきつつある1社かもしれない。

 

 

日経新聞に載っていた記事で米フォード社が日本撤退を決めた話について述べたもの。

「移動価値」「体感価値」「所有価値」が車の主な3種類の価値という点は非常に納得がゆく。この前提に立って、車を必要とする人が減って行く以上、人口が有る程度減って一定の状況で安定したときにそのパイを奪い合う競争が起って価格競争と利益をどうやって決まった販売台数から出すか?の戦いが始まるのだろう。

 

対策はいろいろあるけれど・・・。

 

1.もうかる様に車を買ってくれる人数を増やす。

→人口増を実現するには政府レベルの継続的な取り組みが不可欠。

 

2.経費を削減し、儲けを増やす。

→コストゼロの車を作れる技術があったとしても所詮は人件費が必ず値上がりするので頭打ちになる。

 

3.車以外の商品を作るように業種転換を図る。

→だいたいの場合、車会社はその国の基幹産業なので、企業規模が大きすぎて無理。社内ベンチャーの様な仕組みは可能だと思われる。

 

車買う人って今後減って行く一方だよね?