読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

嵐のコンサートに行って生徒指導された奴ファンの迷惑だと思うよ?

嵐のコンサートに平日学校を休んで行った事が生徒指導の対象になったことをまさに自分の武勇伝の様にブログにアップした高校生の話がはてな界隈で話題になっていた。

 

ブログの本人も言っているが。

 

1.高校は義務教育じゃない。

2.自分が望んで入学した場所。

3.授業料も自分で支払っている訳では無い。

4.目の前の趣味だけしか見ずに学生の癖に授業をさぼってしまった。

5.1.~4.を考えずにまず行動してしまった。

 

以上5点あまりを反省したとの事。その上で嵐のコンサートには自らのバイト代で行った事、何年もコンサートチケットの抽選に漏れ続けてやっと当たったのが平日だったこと。コンサート自体は一生涯の思い出に残るような素晴らしいものだったことを上げていた。学校の一部先生からは大人は有給があるから生徒は無くて大変だね~という事で励まされたと。

 

 

えーと。

 

 

バカ言ってんじゃねー!

 

 

権利には義務が伴うって中学校で教わりませんでした?

 

公民か何かで。今、『公民』って教科あんのかな?

 

まず、ブログ内で自分でも指摘しているが、学校の校則に記載のある宿泊規定に違反しているのだそうだ。そもそも文句言われそうな案件なんだから、その辺の手配はしっかりやっとけって話なんですが、それは高校生には無理だろう。親の許可をもらったとか、先生にも口頭で言ったとか文中で語っているが、言われた大人はいい迷惑だったと思います。高校生くんだりに良い証拠代わりに利用されて。

 

大人だもの子供がやりたいことは、協力してあげたいと親ならなおさら思うところでしょう。その結果、『平日コンサート行くのを容認する親』という認識を学校に与えてしまう。いうなれば『あの親は注意』というレッテルが学校内で張られる。自分には見えない所で。先生も同じ。そういう周りの配慮が出来ないのだから、生徒指導なんて回りくどい係りが学校にあるんですよ。

 

生徒指導の教員は警察じゃない。乱暴に言えば、警察ならトッ捕まえて裁判やって、刑事罰を与えられる。生徒指導は『指導』するのが精一杯。精々反省文とまりです。

 

有給休暇に変わる制度が欲しいとありますが、最初に言った通り、権利には義務が伴います。税金を払って、納税の義務を果たしている人達なら法に基づいて有給休暇の権利を行使できるでしょう。でもこの高校生は義務教育外の教育を自ら費用も負担できないのに享受し、その贅沢な立場にも関わらず、自分をコントロールできずにルールである校則を調べもせず違反している顛末を垂れ流している。

 

これによって私が一番愚かだと思っているのは同じように嵐の大ファンを自称する世の高校生が、今後こういうバカが出てこないようにと大人に嵐反対運動を起こされたら困るんだよ!って事。

 

ドラクエが社会問題になったのもそうでしょ?(学校休んで買いに行ったり)やるならもっとうまくやれよ。これでPTAやら教育委員会やらが、休日以外にコンサートやるな!とか、平日のコンサートは学生禁止にしろ!とか言い出したらどうすんの?

 

例えばブログ記事が、ツイッターやらで拡散したらどうするのか?

 

きっと同じように嵐が大好きなファン層が少なからず悲しむ結果になるよ?

 

自分で責任を取って社会生活を送るってそういう事じゃないんですか?そいう基本的な事が判ってないと思われたから生徒指導対象になっちゃったんじゃないんですか?

 

自分がやったことは同じ志の人たちにも影響が有るかもしれない事だったの忘れてほしくないですね。反省するかどうかは本人の認識の問題なのでどうでもいいですが、そういった事が起きかねない前例を作った事実だけは忘れて欲しくないと思いますね。