読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

段階減額 配偶者控除見直しの件

2017年度税制改正で実施する配偶者控除見直しの内容がほぼ固まった。パート主婦に対し、年収103万円を超えても働く時間を増やしやすいよう減税枠を拡大する一方、高所得者には適用を制限する。政府・自民党は世帯主(夫)の年収が1120万円を超えると徐々に控除額が縮小し、1220万円で完全に適用外にする案で公明党と最終調整に入る。

 

 

日経新聞からなんですけど・・・。

 

良いんですけど。働いてもらうのは。103万円の壁を壊したいのは解るんですけど。その浮いた労働力をどこへ向けて、その人たちが、奴隷労働にならないような仕組みは同時に考えているんですよね?ただ働く時間を調整して税金ぼったくる算段だけしても、効果は薄く肩透かしになるだけですよ?年収1220万円世帯ってそもそもどんな稼ぎのどんな世帯なのか調査できてるんでしょうか?サラリーマンが多いのか、それとも個人事業主が多いのか?数字の計算だけではうまくいかないし、そもそもこの制度を維持する意味はあるんですかね?

 

専業主婦に配慮していて専業主夫だったら受けられないとか言わねーよな?男女どっちでも扶養条件に入れてくれるんだよね?私がこの制度を維持する必要があるのか?ってのはそういう事よ?抜本的に変えたいならぶっ壊す覚悟を示した方が、国民には伝わりやすいと思いますけどね?