読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20日の大統領就任式の件

ルイス氏は黒人指導者マーティン・ルーサー・キング牧師とともに1960年代の公民権運動を率いた議員。黒人社会の象徴的な人物への批判で、トランプ氏への反発が一段と広がりそうだ。

 ルイス氏は13日放映の米NBCテレビのインタビューで「ロシアがトランプ氏を勝たせるために(大統領選に)関与した」と指摘した。約30年間の議員生活で初めて大統領就任式をボイコットすると明らかにした。

 これを受けてトランプ氏はツイッターで「ルイス氏は選挙結果への不満を言うより、崩壊した自身の選挙区の改善に力を注ぐべきだ」と語り、「口で言うだけで何の行動も結果も伴わない。残念だ!」と猛烈に批判した。

 トランプ氏のツイッターには共和党議員からも撤回を求める声が相次いだ。ロイター通信によると、ルイス氏のほか、少なくとも10人の民主党議員が大統領就任式を欠席する予定だ。

 

 

トランプ大統領はアメリカを世界一の国としながら、そのアメリカには黒人が入っていないとでも言う気なのだろうか?公民権運動のキング師と共に歩んだ議員に対する発言としてはどうにも配慮を欠く発言に思えてならない。

 

論議を深める反論なら、理解を示してもらえるだろうが、どう考えても感情的に言い返しているとしか見られない。この人は何がしたいのか?あなたは大統領であるかもしれないが、アメリカ国の社長じゃあない。