読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

虚々実々の首脳会談?

安倍晋三首相とトランプ米大統領の初の首脳会談は通商と通貨を巡る衝突を回避した。焦点となる日米経済対話について、日本側は日米自由貿易協定(FTA)交渉入りを争点から外すために間口の広い緩やかな話し合いをイメージしているのに対し、米側が農産物関税引き下げなど具体的な成果を求めて個別分野に切り込んでくる可能性もある。中央銀行の金融政策も含む経済対話では虚々実々の駆け引きが予想される。

 

 

そんなに虚々でも実々でも無いでしょう?たまたま話題を回避しただけで。米通商代表はそんなに過去諦めの良かったことなんぞないぞな。

 

正直今回よりもこれからの方がよっぽ面倒な交渉を迫られると思いますが。なんだかんだ言ったって、今のトランプ大統領は手足になる大臣はろくに決まってないし、大統領令乱発の件で少なからず国内が騒ぎになってるし、他の諸外国からも苦情が相次いでいるので、日本にとりあえず来た者のしっかり裏付けのある交渉をする余裕がなかったってのが、正直な所では無いのでしょうか?

 

その辺に切り込んでるコメントの人って居なかったのかな?