読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

若年向けはもっと充実させてよね!

厚生労働省は高齢者の再就職支援を拡充する。ハローワークの専用窓口を現在の80カ所から2020年をめどに4倍近い300カ所に増やす。退職後に自分の故郷などで再就職したい人と地方企業などをつなぎ合わせるための全国的な官民の体制もつくる。

 厚労省が14日午後に開く働き方改革実現会議で提案する。増設するのは全国のハローワークの中にある「生涯現役支援窓口」。65歳以上の高齢者の再就職を重点的に担う専門の窓口で、今年度から設置が始まった。求人や技能講習の紹介、履歴書の書き方、面接の受け方などを専門家がサポートしている。高齢者向けの求人を開拓するための人員も増やす計画だ。

 

 

日経深部記事より。

 

いや、この記事の事もわからいでもない。

実際、自分の両親位の年齢層の人が、老後破産とかでNHKが取り上げた様に年金の狭間に落ちているような方もいて、働き口がないと本当に餓死しかねない人もいる。それらは本当は生活保護で救うべきなんだろうが、各自治体は水際作戦で保護を認めなかったりして、一朝一夕にはいかないので、いろんな方向から支援できるようにしましょうって事なんだろうが。

 

でも、昨今の不景気や景気の不安定感を考えると、今後長年にわたって税金やら年金やらをおさめてもらう若い世代に稼いでもらうのだから、しっかりサポートを強化してほしいってのが、正直な気持ちです。