読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タックスヘイブン撲滅作戦か?

富裕層への課税を強化している日本の国税当局が、海外資産を把握するための新たな手段を手に入れる。2018年、各国の税務当局間で口座情報を交換する仕組みが始まる。パナマ文書問題などで租税回避に対する批判が高まるなか、どこまで効果を発揮するか。「富裕層の資産が丸裸になる。威力はすさまじいものになる」。18年9月までに稼働する「CRS」に対する国税当局幹部の言葉だ。その評価は決して大げさではない。

 

 

日経新聞記事より。

 

どこまで効果があるのか知りませんが、政策有れば対策有りのどっかの国みたいにタックスヘイブン側だって馬鹿じゃないんだから何かしら対策立ててるでしょう。

 

もうG20でもなんでもいいから、全世界が強調してせーの!でタックスヘイブン撲滅課税とかでもやらないと絶対なくならないよね。そしてそれをやる側の国家元首達は実はタックスヘイブンを使っている側だから難しいよねって話。

 

もうさ、せっかっくだから、地球政府ホールディングスでも作って、経済格差に応じで全世界的に税金をかけて各国に分散するシステムでも作ってしまったらどうなんでしょう?