トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

子供のスマホ導入について。

子どもにスマホを持たせ始めるのに正しい年齢があるわけではない。しかしあえて挙げるとすれば、大きく2つの選択肢がある。

まずは中学校入学をきっかけに子どもが親の言うことを聞くうちに持たせて、パスワードや利用履歴なども親が管理する方法。もう1つは、高校入学をきっかけに持たせるが、家庭でルールを決めたうえで利用させる方法だ。特に高校生ともなると電車で通学や移動する機会が増えるため、地図アプリや乗換案内アプリを使用できるスマホが必要になるという理由もある。

保護者自身が迷うのであれば、子どもに「なぜスマホが必要なのか。手に入れたらどのように使うか」をプレゼンさせてみるのもいい。保護者と子どものどちらも納得がいけば持つことにすればいいし、スマホの利用について考えるいい機会となるはずだ。またそのときに、子どもからスマホ利用のルールについても提案してもらうと、ルールを導入しやすくなるだろう。

 

(中略)

 

スマホデビュー時の鉄則は、持たせる前に「使い方のルール」を決めておくことだ。行動指針となるだけでなく、ルールを決める際に利用について改めて考えられるからである。自由に使わせておきながら途中でルールを決めても聞いてもらえないことが多いので、最初に決めておくといい。

スマホを利用する時間が長くなることで、子どもの睡眠時間や学習時間は減る傾向にある。一日の利用時間の長さや利用時間帯についてはしっかりと決めておく必要がある。家庭でのルールは、たとえば

・利用は夜9時まで
スマホの利用は一日1時間まで
・ゲームで課金はしない
・他人を傷つけることや不快に思うことは書かない
・食事中、勉強時間、歩きながら、学校では利用しない
・個人情報(名前や学校名、住所、電話番号、顔写真など)はネットに出さない、送らない
・裸の写真など高いリスクがある写真は撮らない、送らない
・ネット上で知り合った人に会いに行かない
・動画視聴、アプリのダウンロードなどはWi-Fi接続でのみ行う
・トラブルや困ったことがあったら必ず親に相談する

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

ここに書いてある通りに事が進めばそりゃ上手く行くのだろうがそうならない事の方が圧倒的に多いのは恐らく読んだ人かなりの人が思っていることだろう。

 

子供だって頭使うからね。

 

最終的にネットリテラシー的な事を自身が身に着け、セルフコントロールを目指すなら、多少のリスクは致し方ないと踏んで、致命傷を負わない戦略を両親が立てて於くことが肝要かと。

 

その際、夫婦で何が問題なのか?どういう事柄を致命傷と定義するのかをしっかり話し合い価値観の共有をして、確立して置くことが大事だと考える。出ないと実際の有事の際に絶対にブレてはいけない親側が子供の前で喧嘩を始めることになる(笑)

 

実際こういっていても、有事に際して準備している親なんてほぼ皆無だろう。結局その程度に甘く見ているのが親の子供所持スマホに対する認識だ。

 

痛い目をみて是非学んでくれ。

2035年問題。

中国の「2035プラン」の話をします。これは先日、習近平国家主席北朝鮮金正恩朝鮮労働党委員長に対しても発言した、とされて話題になっていますね。

要するに、「中国は2035年にはGDPから何から何までアメリカを抜くという目標を立てた」、と習近平が宣言したわけですね。まあ、権力体制が固まったので、次の目標はアメリカを追い抜くということのようです。

私は中国から自分のビジネスを撤退させて10年たちますが、法律から何から何まで中国共産党の独断で、やりたい放題に変えられるのに嫌気がさして逃げてきた、というのが正解です。

先日の記事で、そのうち東京のマンションを中国の領土と言い出しかねない、と書いたところ、「領土の意味すらわかっていないエコノミスト」、「法律を知らない」、などというコメントまでいただきました。申し訳ありませんが、中国人相手に「国際法」などと言っている時点で、それこそが大間違いでありまして、ビジネスの世界では全く通用しません。中国国内では裁判にすらなりません。泣き寝入りしか方法がないので、大手企業でも例えばある大手建設会社などは1990年台から中国には一切かかわらない、という方針を決めています。

さて「果たして中国は2035年に…」ということになるわけですが、もうこれはコメントするのもばかばかしいわけでありまして、なぜなら中国の経済統計は共産党の目標に合わせるようにいわばねつ造されているわけでありまして、ソビエト連邦崩壊後、実際のGDPは公表の半分もなかった、ことを知っているエコノミストからすれば、こんなばかばかしい数値目標をいちいち本気で取り上げる気にもならんわけでありますな。

これに関しては、今は首相である李克強首相が2007年に「語った」話が伝えられています。この年、記念すべき第1回ダボス会議が大連で行われ、遼寧省共産党委員会書記を務めていた(つまりホストだった)李克強氏はアメリカの経済界代表とのディナーに臨んでいました。

アメリカ側が「中国はこんな高い経済成長目標を達成できるのか」、と尋ねたところ、「あんたたち、中国の経済統計を本当に信じてるのか?」と発言したというのです。もちろんオフレコだったわけですが、不幸にも例の「ウィキリークス」で暴露された文書の中に、これが入っていてバレた、というオマケ付きの話なのであります。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

投資銀行家『ぐっちーさん』が書いた記事である。

 

毎回、興味をそそる記事の最後にどう言う訳か競馬の予想で、記事を締めるのが習わしの経済記事。

 

面白いのだが私は競馬の類が嫌いなので、最後が消化不良になりがち。

 

さて、

 

この2035年問題はとても面白く拝見した。

 

中国で商売している自分らからすると全くその通りなのだが。残念ながら、その裁判すら行われない中国と商売するしかないしがない中小企業はその中から利益を拾うしかない訳でして。仕事相手を選べるところに居られる特権階級の話にしか聞こえないというのが私の印象。

 

ただ、私めも、中国国家権力には正直偉い目にあって来た事がある。これは盟友といえる職場の先輩を国家権力から守り切れなかった事も含めて、私自身も危うく討ち取られかけたのでそう言える。

 

わが師匠曰く『民衆のために牢に繋がれた人物は信用できる』との事だが、全くその通りで牢屋に1日でも、無実の罪で投獄されれば人生観が変わるというものだ。

 

さて、

 

人口統計から言っても、2035年の米国を追い抜く計画は現実感のない絵に描いた餅な訳ですが、そうなっていたのは今までの世の中で、AI技術が誕生したこれからは果たして上手く行くでしょうか?というのが私の問いである。

 

中国の教育レベルは日本のそれよりもはるかに高い。

 

中国出身のエリートが、東大京大を始めとする日本の高学歴学府に留学して学歴ロンダリングを敢行しているという趣旨の著作も最近読んだ。彼ら既存の中華エリートからすると東大京大なんぞいくらでも入学可能なぬるいレベルなんだそうな。

 

そのネームバリューが欲しいから留学もしくは入学しているだけで本当なら、本国の北京大学か精華大学へ行きたかったのだそうな。

 

そんなスーパーエリートたちが、日本の学歴を引っ提げて、日本人よりも流暢な日本語を操って、日本の大企業に入ってくる昨今。19歳の警官がちょっと怒られたくらいで先輩を撃ち殺す日本が勝てるのか?って話。

 

最大級中国が残念なのは彼らは効率を優先させるあまり、日本人が得意な整える。改良する。気を遣うということが一切できない事。最近一部のサービス業でそれらを実現したサービスが台頭しているが、まだまだ質の悪いメッキ状態。

 

国民レベルには到底定着しない。

 

2035年まであと17年。この世界は誰の思惑に一番近くなっているのだろうか?(笑)

鋼の錬金術師実写版を今更ながら視聴。

酷評された鋼の錬金術師実写劇場版ですが。

 

言うほどひどい出来か?

 

と。

 

あれはあれで非常に良かったと思う。

 

酷評した人たちの好みには合わなかったのでしょうが。

 

見せ方も上手だと思うし、実写の制約がある中でなかなかの構成だったと思う。

 

演技している俳優さんも頑張ってたしね(笑)

 

中佐が完全に本人過ぎて凄かった(笑)個人的にはあれが一番すごいキャラ作りだったと思う。

 

原作のストーリーをイメージを壊すこと無く演出している方だと思うけどな。

 

松雪泰子は相変わらず、妖艶な女性を演技させるとすごい出来ですね。

 

若いころに白鳥麗子やってたとは思えんわな(笑)

 

モデル出身なのに旨い事女優様にジョブチェンジ出来た好例。

 

失敗するド三流もいるのにやはり才能が有って、努力する人が残るのね。

 

第二弾は無いだろうけどあれはあれでとても良いと思います。

歯と歯茎のケアはいつからしますか?

30~40代は働き盛り。でも、仕事が忙しくなると同時に、身体についても20代との違いが浮き彫りになってきます。歯もそのうちの一つ。

特に30~40代のビジネスマンが気を付けておきたいのが「歯周病」です。歯周病とは歯と歯を支える組織(歯周組織)におけるさまざまな病気の総称ですが、歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)にたまった歯垢プラーク)や歯石の中にいる歯周病菌が歯ぐきにダメージを与え、少しずつ歯を支える組織を破壊していく病気と言われています。

症状としては歯ぐきのはれや出血などから始まり、進行すると歯がグラグラして抜けてしまうこともあり、歯を失う大きな原因となっています。また、歯周病は「サイレントディシーズ(静かなる病気)」と呼ばれ、痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちにひどくなっているケースが多く、厚生労働省の調査によれば、35歳を過ぎると8割以上の方が歯周病の症状があるということです。東洋経済のアンケート調査でも、次のような声が届いています。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

今は中国に駐在任務中なので、半年に一回、帰国するのが精々だから、仕方のない部分はあるのだが、私は40歳を超えてから、出来れば月一、そうでなくても三か月に一度は歯医者へ通って、歯と歯茎のケアを行うようにしている。

 

きっかけは、離婚した元妻が毎月必ず予約を取って歯医者へ出向き、歯と歯茎のケアを続けていた事だった。

 

彼女は私と10歳近く離れていたから、当時まだ20代だったが、彼女はそれこそ学生時代から、デンタルケアには気を使っていたようだ。

 

日本では80歳を迎える際に残っている歯の平均が4本程度らしい。

 

これを10本以上にしようという取り組みがされているが、はっきりって、世間の認知度は低いだろう。

 

私も、デンタルケアに興味をもって、実際に予防歯科をしっかり行っている歯科を探して出向いてみた。すると最初の診断で、かなり歯茎の状態が悪いことが分かった。

 

元々歯茎の健康状態は余り良くない事を自覚していたので、診断結果自体は想定の範囲内だったが、まだ間に合うかもしれない状況が判明したので、やるやらないで言ったら、やった方が良いと考えてケアを継続することを決めた。

 

それからは日本にいる間、三か月毎に通院し、歯茎と歯の健康管理に意識的に取り組んだ。現在は海外駐在任務中なので、さすがに三か月毎とはいかないがそれでも半年に一辺帰国する際には必ず歯医者の予約を入れて、現状の確認と今後の方針を医師に相談するようにしている。

 

結局、野生動物でも、歯がだめになれば食えなくて死ぬ。人間も生き物なのだから、歯が維持されていなければ結果的にそこを起点に肉体に支障が出る。

 

運動するにも食いしばれる健康な歯と歯茎がなければ、運動自体が効率的に行えない。

 

サイレントディージーズといわれる気にかけてもらえない歯と歯茎を健康に保つことで、趣味の料理と食べ歩きも、より楽しめるのだから、これは必要経費だと私は思っている(笑)

消費税の上がるタイミング

2019年10月に消費税を上げる際、1日に一斉に価格に反映させるのではなくタイミングは企業に委ねる。こんな柔軟な転嫁のあり方を認めようとの議論が政府内で始まった。過去の強制的な増税転嫁で景気がダメージを負ったからだ。価格戦略を縛らず景気を維持したほうが、立場の弱い中小企業にもメリットが多いとの声も出ている。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

これ、要するに引き上げ時期を消費者に悟られにくくして、結果的に消費税をどさくさ紛れに挙げるというタイミングを民間に丸投げしたってことじゃないの?

もっとNHKとかで周知しても良いのでは?

白い十字とハートのマークがくっきり浮かぶ、ストラップつきの真っ赤なシリコン製プレート。電車内などで、バッグにこれをつけている人を見かけたら席を譲るなど、思いやりのある行動をしてほしい。

プレートの名は、『ヘルプマーク』。義足や人工関節、難病などで外見からはわからないものの、病気や障害があるか、妊娠初期など、援助や配慮が必要な人のためのものだからだ。

「内臓疾患などで、助けが必要でも外見からはわからない人がいる。こうした人が優先席に座っていると、“健康そうなのに”と、冷たい目で見られることが多い」

この提案を受けて、2012年に東京都発の福祉マークとして作成されたのが、このマークだった。現在、バッグにつけて周囲に気づいてもらうための前出のシリコン製のものと、災害時や緊急時に助けを求めるのに使うカードやシールタイプ製の2種類がある。

東京都福祉保健局障害者施策推進部共生社会推進担当課長の島倉晋弥さんによると、2018年2月現在、ヘルプマークを導入、配布しているのは、都道府県レベルでは以下の19自治体。まずは、そもそもの発祥である東京都を皮切りに、京都府和歌山県徳島県青森県奈良県・神奈川県・滋賀県大阪府岐阜県・栃木県・広島県・北海道・秋田県愛媛県島根県兵庫県鳥取県静岡県(導入順/市町村レベルでの導入は含まず)。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

こういう試みはどんどん拡散したほうが良い。

 

残念ながら、一般人も普通の人間ですから、どうしても素直に見たり、行動できない時もある。外見からわからないのであればなおのことだ。それでも、障害を持っている方には出来るだけ、優しくしたい。だから、コミュニケーションだと思って、ガンガンこの手の発信は拡散して周知してほしい。

中国の現金離れの変遷。

中国・大連市で、手術台に上った患者が医師にQRコードを示され、検査で新たに見つかった腫瘍の追加の処置費用をスマートフォンで支払うよう求められた――。今年初め、そんな信じられない出来事が報じられた。中国では手術費用は事前精算が一般的なので違法ではないようだが、モバイル決済の普及ぶりにあらためて驚かされる。

中国は特にリテール分野において世界屈指のフィンテック大国である。2017年のモバイル決済額は、日本の電子決済額全体 の60倍に当たる203兆元(約3450兆円)。断トツの世界一だ。中国人の84%は現金を持たずに外出することに抵抗がないというデータもある。筆者が北京で、割り勘のランチ代を紙幣で手渡したところ、その男性は財布を持っていないとのことで、紙幣をそのままポケットに押し込んでいた。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

これ、実は2重の意味で面白い。

 

中国人は今も、昔もあまり財布を使わない。

 

『銭袋(チェンバオ)』とは財布の意味だが、あまり一般的ではない。昔は偽札が多かったので、くしゃくしゃになった古いお札が人気があった。それだけ長く使われた本物の可能性が高いお金だからだ。

 

だから、中国ではピン札は偽札だと疑われることが多い。

 

でも、最近都市部では外国人が多くいるため、新札を使う機会が多く、多少は緩和されている。

 

で、くしゃくしゃなお札にする簡単な方法は財布を使わないことだ(笑)

 

ついでにスリも多いので、わざわざ財布だとわかるものを持ち歩くのはバカであるという認識もある。

 

そんな中国は超が付く『携帯・スマホ依存症』なので、あっという間に電子マネーが浸透。今では現金を持ち歩くのはカッコ悪いと思うまでになった。じっさい夜店の屋台ですら現金が使いづらくなっている。

 

どっちにしろ、外国人には急に右に左に振れすぎる中国はやりづらいことには変わりがない。