トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

民泊規制に動く各自治体

民泊を解禁する住宅宿泊事業法(民泊法)の施行が2018年6月に迫り、自治体が独自の上乗せ規制をめざす動きが広がってきた。訪日観光客が多い東京都内のほか、北海道や京都市も条例で営業地域や日数を制限。緊急時や苦情対応のために管理者の駐在を求める例もある。地域の実情にあわせて運用するためだが、規制の内容は民泊を巡るトラブルを映す鏡でもある。

 

 

日経新聞記事より。

 

そりゃそうだが、条例は基本的に罰則もないし、外国人相手の商売を想定しているから、どこまで効果が有るかね?

 

だって、管理者が日本人とは限らんよ?

 

海外の民泊運営会社も参入してきているし。例えば中国人が管理者やっている民泊なんかそもそもルールなんぞ守らんぞ?だって罰則無いもん(笑)

 

日本人が困るのなんて、ざまぁーミロとは思っても苦情対応しようなんて思わねーよ。反日なんだから。

 

他の外国勢だって似たか寄ったか。自国民の日本人の事なんか考えて商売なんかしねーっつの。来てくれる客が満足すればそれでいいのよ。だって金払うの泊まる人でしょ?地元住民が、苦情対応して一件毎に金くれるなら対応するだろうけど。

 

そういう事よ商売って。

 

日本人は本当に呑気だな。

効いてる効いてる(笑)

北朝鮮内では、携帯電話や電子製品、チョコレートといったぜいたく品の流通量が増えている。当局が海外から仕入れたこれらの輸入品を、外貨限定の国営商店でかなりの高値で販売し、北朝鮮の富裕層が持つ外貨を吸い上げているという。最近、工場や農場などの現場を頻繁に訪れて檄(げき)を飛ばす正恩氏に焦燥感がにじむ。

 統治資金が致命傷を受ける前に経済を立て直す。そして、ミサイルを米全土に飛ばす能力を持ち、兵器化に不可欠な弾頭の大気圏再突入技術の確立も近いと印象づけ、米国を直接交渉に引きずり出す。国際社会の意表を突いた「核完成」宣言から透ける舞台裏だ。

 ICBM発射の翌11月30日、北朝鮮は動いた。「米国と交渉する用意ができた。核保有国として認められるのが前提だ」。ロシアの報道によると、金永南キム・ヨンナム最高人民会議常任委員長は訪朝したロシア下院議員団に告げた。北朝鮮はこの日、国連にはフェルトマン事務次長を平壌に受け入れると伝えた。

 

 

日経新聞記事より。

 

大新聞や各種経済雑誌でも、北朝鮮問題は今年から来年にかけての年末年始が一つの山場との見方が大方出てきている。

 

私はそうではなく。中国が春節を挟む2月前後が本当の動きが出るあたりだと思っている。

 

いずれにしても、アメリカはアメリカ本土にミサイルが着弾しない限り、交渉にはつかないだろうし、万が一着弾するミサイルを飛ばしたら世界地図から北朝鮮が消える事になるだろう。

無償化よりも選択肢の広さを重視した施策を!

政府は8日、幼児教育無償化の具体案を盛り込んだ「新たな経済政策」をまとめた。3~5歳児の費用を無償化し、保育士の賃上げや男性の育児休業の取得推進などを進める。狙いは「子育て世帯の応援」。働く子育て世代は家計への恩恵を感じつつも、手放しで喜んでいない。待機児童対策の充実や保育の質向上など期待外れの面も少なくないようだ。

 

 

日経新聞記事より。

 

そもそも政府は忘れているのだろうか?

 

経済政策として、労働の自由化、ホワイトカラーエグゼンプションを導入しようとして、多用な働き方を推進しているんでしょ?

 

なんで働き方は多様性が生まれる様に誘導しているのに子育てについては一貫性厳守の偏った施策に終始するの?

 

バカなの?

 

深夜保育所とかさ、そういう規制緩和と無料には出来ないけれど、補助付けて色んなタイプの保育施設に保育姿勢に対応できますよ?という政策パッケージを思いつかないのかね?思いついても利害調整が面倒でやりたくないのかね?

 

いま世間の子育て世代が何をニーズにしてる?お母さんや、お父さんが安心して外で稼げる保育所体制を築いて欲しいってのが要望でしょ?無料にしてくれとは誰も望んでないよ?そもそも待機児童解消から言ったら無償化するより保育所増が最優先課題じゃねーの?

おっと早くも修正案?

自民党公明党税制調査会はいったん、年収800万円超とする増税案で合意していた。だが公明党が7日に開いた税調総会で「中間層の生活を直撃する」などの反対意見が続出。政府側が年収850万円超とする修正案を作成し、自公両党が了承した。

 修正案では、年収850万円を超える会社員が増税となる。増税額は一定の前提を置くと年収900万円で年1.5万円(当初案では3万円)、950万円で3万円(同4.5万円)、1千万円で4.5万円(同6万円)となり、当初案より軽減される。家族に22歳以下の子どもや介護が必要な人がいる人は増税の対象から外す。

 年収850万円以下の会社員は増税にも減税にもならない。誰もが受けられる基礎控除を現在の38万円から一律10万円増額する一方、特定の収入に適用される給与所得控除は年収850万円以下は一律10万円減らし、控除額の上限を引き下げる。

 

 

日経新聞記事より。

 

良かった~!

 

気が付いてくれたか!

 

800万円台と850万円では実は全然違う。800万円までは600万円台と変わらん。生活環境も税制も。

 

これが850万円だと1000万円クラスと同じ。でも痛税関は1000万円の方が有る。なぜか?

 

1000万円の年収の人たちは普段付き合う人が本当の金持ちになってくるからだよ(笑)

2018年度税制改正

2018年度税制改正で焦点となっていた所得税改革は6日、年収800万円超の会社員を増税することで政府・与党が合意した。1000億円を超える財源を新たに確保する。控除制度を見直し、公務員を含む給与所得者の5%程度にあたる約300万人が増税対象となる。年金以外に高額の所得がある高齢者約20万人も増税となる。子育て・介護世帯は負担が増えないよう配慮する。

(中略)

この結果、年収800万円以下の会社員は控除の増減が一致して税負担が変わらない。一方で年収が800万円を超すと、給与所得控除の減額分が多く、増税となる。22歳以下の子どもや、介護を受けている人(原則として要介護3以上)、精神疾患などで特別障害者控除を受けている世帯は増税の対象外とする。

 

 

独身または単身世帯で年収の高い層と高齢者で年金貰ってるけど収入の多い人を狙った訳ね。マイノリティーで、理解を求めにくい層を狙った増税は流石、国としか言いようがないな。これなら大半は文句のつけようがない。

 

増税は致し方ないが、その分何に使うのか、どう使うのはかしっかり示して欲しいよね。

共産主義の崇高な理念とやらはどこへ行きました?

 中国政府がインターネット空間への統制を強める方針を内外に示した。5日閉幕した政府主催の世界インターネット大会で、ネットに対する管理・統制を「国家主権の問題」として正当化した。今後も最新技術を使い、情報統制を強める。大会は東南アジアやアフリカ諸国の高官らが参加。中国発のデジタル保護主義新興国など世界に拡散する恐れが強まってきた。

 中国政府は3~5日、浙江省烏鎮で4回目となる大会を開催した。習近平(シー・ジンピン)国家主席は大会に寄せた祝辞で「IT(情報技術)を核に新たな産業革命が芽生えつつある」と技術革新を歓迎する姿勢をみせた。その一方で「ネットの発展は各国の主権や安全にとって新たな挑戦だ」と警戒感を示した。 習氏はネットを情報統制の主戦場と位置付け、締め付けを強めている。中国では以前から「グレート・ファイアウオール」(ネットの長城)とも呼ばれる仕組みで、海外のニュースやフェイスブックなど「不都合な情報」が流れ込むサイトを遮断してきた。

さらに2017年6月には統制を強化する「インターネット安全法」を施行している。同法は中国で集めた顧客データの国内保存や、海外に持ち出す際に当局の審査を義務付ける内容。日本の経団連を含む世界の54団体は5月に「世界経済に大きな影響を与える」と延期を求めたが、中国側は聞く耳を持たない。逆に新浪などネット大手を「違法情報」を流したとして処分し、デジタル保護主義への傾注を強める。

 

 

日経新聞記事より。

 

選挙によって選ばれたわけではない中国の国家主席はその正当性を獲得するために色々やるという話は以前、その手の問題を書いた記事とともに紹介した。

 

権力の魔性の恐ろしい所は恐らくこういう所にある。

 

権力とはそもそも国民に尽くす為に振るわれる大きな力だ。それがいつしか、その道具に過ぎない権力に取りつかれ、あたかも自分が万能であるかのように錯覚する。そして、元々国民を守るために与えられている権力を自分自身のものと思い、手放すのが惜しくなる。そして最後に守る対象の国民すら、疎ましくなり管理しようとし始める。

 

ああ、哀れなるかな。

 

土を汚し、育つ草木があろうか?権力の基盤は護るべき国民そのものだと知らぬ愚かさよ。お前の権力はなんだ?金か?軍隊か?富か?栄誉か?どれもこれもすべて中華人民共和国の国民あってのものだ。税金を納め、労働力を提供し、法を順守する国民が国土で生活してくれているから、のほほんとその権力の座に座っていられるのだ。決してお前の力が優れているから、国民が選んでくれたのではない!

 

その共産主義の崇高な理念を忘れ、同士国民を護るべき最高権力者が、国民の知る自由を政権を脅かす要素として管理しようというのだから、情けない。ここに共産主義の捻じ曲がった本性が見え隠れするのだ。

 

周恩来を見よ。その身を捧げた憂国の士が共産主義を支えた。

 

その思いは中国の大地に遍満して、いまだ残るはずなのに、気が付こうともしない。

 

恐るべきは人である権力者にあらず。

 

人を魔物に変える権力の魔性のみが、本当に恐ろしい。

 

民主主義はイギリスの元首相ウィンストン・チャーチルに言わせると「民主主義は最悪の政治といえる。これまで試みられてきた、民主主義以外の全ての政治体制を除けばだが」との事だが、腐った民主主義でもそれ以上の良い方法が今のところ見当たらないので、まだマシだ。

 

人間が権力の魔性に完全に打ち勝てるならば、共産主義は本当の最高峰だろう。だが、それは無理だ。それこそAIにでも国家元首を任せない限り。だから、腐った民主主義でもまだマシ。少なくも、権力のクビに鈴くらいは着けてやれる。

住めば都と渡来人の差だなこりゃ(嘆息)

深センに行ってきたがディストピアにしか見えなかったけどな

イラ昨日深センに行ってきたんですわ。広州から電車深センに入って、深センから香港経由で日本に帰ってきた。

そしたらタイムリーなことに深セン行ったら日本ヤバイと思ったっていう↓の記事がバズってて、だけどオイラの見て感じたことと相当違うなと思ったんで忘れないうちに感想を書く。

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53545

あなたは今から書くことを読んでも深セン希望を見ることができるだろうか?

 

はてな増田記事より。

 

1. そもそも中国には通信自由がない

2. そもそも中国には移動の自由があまりない

3. 華強北の電気街は規模こそ大きいけど多様性はない

4. 最新の決済インフラ外国人には利用不能

5. 深センにないもの香港にはあった

 

以上5点に渡って前述の記事と対照的な問題点を増田は指摘して言う。ここは(シンセン)デストピアだったと。

 

言っている事はごもっとも。しかしそれは日本側から見た狭い見識としか言いようがない。どっこいこっちはシンセンにも行った事があるし、中国に生活して早5年で御座る。ちょっくらお邪魔した程度の若造に講釈垂れられるような生半可な中国生活は送っていない。

 

どちらの言い分も痛いほど判るので、この際だ注釈入れておこうと思う。

 

まず、最初のお題。

 

この増田が言及している記事ね。シンセンスゲー!って元記事なんですが、簡単に言うと混沌としていて、ザワザワ感にあふれなんか文化祭が毎日やっているようなお祭り雰囲気が有り、若い人が明日の希望に燃えて競争の中切磋琢磨している熱を感じた的な記事です。

 

それも大事。事実もその通りに感じる部分はあるでしょう。でも、増田の5点に渡る反証もその通り。そこに根差して生活している私の意見を付け加えましょう。まずは頭から。

 

1. そもそも中国には通信自由がない

当たり前である。中国共産党舐めんな。そんなもんイランでも、メキシコでも、大して変わらんわ。日本やアメリカが自由過ぎるの。日本やアメリカに匹敵する制限のない国探す方が早いって話。先進国以外は結構情報統制なんて当たり前にあるんじゃないの?と勝手に言ってみる。これについては最近中国がネット統制を強めたという事で、『新興国が追随するのではないか?』という新聞記事が結構出てるからあながち外れではあるまい?

 

2. そもそも中国には移動の自由があまりない

これも共産党一党独裁が無くならない限り当たり前。だって、国民がテロするんだもん。中国共産党が嫌われてるから。移動なんか自由にしたら、危ないじゃん。偉い人がな(笑)外国人なんて余計自由に移動なんかさせないだわさ。

 

3. 華強北の電気街は規模こそ大きいけど多様性はない

『多様性ってなんですか?』って話。確かに期待したものが無きゃ多様性に欠けるような気がしただろうよ。

 

 だけどな。

 

どのこの世の中に、あれだけの大量なバッタもん部品をあれだけ安価に揃えられる市場がある?世界屈指であることは間違いない。しかもダイオード一個、抵抗器一個、部品のサイズまで発注可能なんだぞ?しかもフルオーダーメイドでも、品質保証は無いが、下手すりゃ、一晩で作ってくれる。そんなアホな納期で無茶してくれる電気屋が日本のどこにあるよ?アキバでもねーわ。

 

 でも、

 

お値段以上って事もありません!お値段なり!ですし、お値段張っても納期優先で、性能二の次です。

 

 良いんですそれで。

 

壊れないと次が売れないから(笑)その代わりクソやすいでしょ?(笑)

 

 多様性すら注文次第で発生する市場なんだよ中国は。

 

欲しいものは作ってくれるから、並んでるものしか見ていない人には多様性が無い様に見えるのさ!(笑)

 

 住んでないと分からんだろそんな事情(笑)

 

面白いだろ?この国の良いところだ。

 

4. 最新の決済インフラ外国人には利用不能

こんな事を言っているから、日本がオワコンなんて言われるんだ。中国で不可能は無い。ただし、金を掛ければな(笑)

 

 ダメなら聞けや!必ず抜け道がある。

 

ちなみに私は微信使って普通に銀行カードで決済してるぞ?メッサ便利だぞ?ついでに銀行カードが無くても微信使えるぞ?(笑)その辺の中国人に金をやって、同じ金額を直に自分の微信に送ってもらい、自分の微信費に直にストックする方法がある。これならカード無しに電子マネー微信にストックできる。それらにたどり着けなかっただけで、外国人に利用不能では消してない。俺一応外国人枠だもん日本人だから(笑)

 

 まあ、中国人スタッフにすら日本人だと思われてないけどな(笑)

 

『職場では偽物日本人と言われております(笑)』

 

5. 深センにないもの香港にはあった

うん。これも4番と一緒。注文すれば生えてくる(笑)

 

要は金次第。やる気次第。

 

ある意味凄いでしょ?このエネルギーが中国の凄い所。これは何も中国に限った事ではない。日本も高度経済成長の時、似たか寄ったか、だったの。遠い昔みたいに思っているだろうがつい50年前だぜ?爺ちゃんが若いころ位な訳。昭和の貧しい時代を舐めんな。なんでも有りの世の中だったのは日本だって同じ。それこそ望めば道は開かれる(笑)

 

それをお上品に上っ面だけ見ているとそういう答えしか見えてこない。

 

学べよ。

 

英語でも中国語でも。飛び込めもっと深くに。だいたい痛い思いもしないでシンセンを知ろうなんて、推しメンの為に1000万突っ込むドルオタから言わせたら、変態の風上にも置けない普通の人だぞ?

 

中国では日本人は押しなべて、『変態』だと思われている。これは尊敬やら、侮蔑やら、呆れやらを全部含む。こいつら本気にさせたらアカンという意味も含む。その変態の称号を持つ日本人ならもっと徹底的にやって欲しいもんだ。

 

その点ではシンセンに凄い熱量を感じた記事の筆者の方が私はまだ共感できる。

 

ただ、解るんだよ増田の言っている事も。だって事実だもん。

 

その一歩先に凄い世界がまた広がっているというもう一段階先の事実があるんだよ?って話をしたかっただけ。

 

御後が宜しいようで・・・。チャンちゃん。