トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

トランプ政権半年を振り返る。

トランプ米大統領が20日、就任から半年を迎える。曲折はあっても「米国第一」の原点は揺るがず、グローバル化や自由化を主導してきた超大国の変質は覆い隠せなくなった。日本や欧州は米国抜きの枠組みで自衛に動き、中国やロシアは間隙を縫って米国の覇権に挑もうとうごめく。世界は我流の指導者の下で「ニューノーマル(新常態)」を探り始めた。

「米国人であることを恥ずかしく思う」。米金融大手JPモルガン・チェースのダイモン最高経営責任者(CEO)は公然と不満をぶつける。与野党の分断が深刻化し、税制改革やインフラ投資などの重要政策が滞る現状に我慢がならない。

 チャーチル元英首相はかつてこう語った。「私が生まれ変わったら、市民になりたい国がひとつある。無限の未来が待つと人々が信じる米国だ」。保護貿易や移民制限、孤立主義に傾くいまの米国は、そんな期待をもはや背負いきれない。

 過激な政策と相次ぐスキャンダルのせいで、トランプ氏は予想以上の混乱をもたらした。それでも世界はこの異端児に適応しつつある。

 

 

日経新聞記事より。

 

チャーチルさん。悪いね。アメリカはあなたの理想からかけ離れた国になりましたとさ。ちゃんちゃん。

 

終わっちゃったじゃん!

 

いや、日本は見た事ある風景に感じませんか?

 

そう、今は無き『民主党』政権の悪魔の三年間です。

 

もう、お陰様で日本が危うく止めを刺されるところでした。

 

同じだよ。アメリカも、韓国も、フランスも。番狂わせの国家元首が誕生して、あっという間に悪化する。気が付いた時にはもう遅い。立て直すのに何年もかかる。結局、民主主義ってのはベターの選択の連続だから、たまには逆張りする時があるのよね。そして学ぶ。その代り、大量の血が流れるけど。

 

未だに全閣僚がそろってないんだよ?あの国。異常じゃない?経済規模世界第一位の国よ?半年も閣僚がそろわないのよ?どうやって行政進めてるの?

 

極端な例で言うけど、防衛大臣が政権発足後半年いない様な状態で北朝鮮がミサイル撃ってきたら、どうすんの?この場合、兼務している総理大臣が判断するのよ?日本の場合だけど。いやーG20行ってたから、判断に遅れちゃって、ミサイル東京に着弾しちゃった~(笑)

 

とかじゃ、すまねーよ?

 

アメリカのヤバさが伝わったと思いますが。

 

ツイッター政府広報か何かと勘違いしているイカレタ大統領にはとっとと退場してもらって、まともな話し合いが出来る人を大統領に据えて欲しいものです。

 

そう考えると世界的規模で見て、日本てかなりマシだよね。色々とさ。

 

中国に住んでる私が言うのもなんですがね。

 

一応、国籍は純粋培養の日本人だからね(笑)

夢のアルツハイマー特効薬

富士フイルム臨床試験(治験)を実施中のアルツハイマー病の治療薬について、重症になる前の患者に対して症状の進行を抑える効果を確認したと19日に発表した。2018年度にも最終段階の治験に入る。アルツハイマー病分野は製薬各社が新薬開発に挑んでいるが、開発の失敗が相次いでいる。今後の富士フイルムの治験動向が注目を集めそうだ。

 同社は米国で実施した「T―817MA」の第2相(フェーズ2)の治験の結果を公表した。認知症と診断されて約2年半以内の患者に薬を約1年間投与したところ、認知機能の低下の進行を和らげる効果を確認した。また、記憶をつかさどる「海馬」の萎縮を抑える傾向もみられた。比較的進行の早い患者に対して効果があるとみている。

 18年度にも多くの患者を対象に有効性などを確認する「第3相(フェーズ3)」の治験に入る。日本を含めた国際共同治験を実施する予定だ。製薬大手との協業も視野に入れる。

 国内の認知症患者は、25年に約700万人と、12年比で1.5倍になる見通し。現在の治療薬は症状を一時的に和らげる効果しかなく、病気そのものの進行を抑えられない。

 

 

日経新聞記事より。

 

フィルム屋さんを辞めた富士フィルムが、金儲けのために認知症特効薬を作ろうと、日本じゃなく、アメリカで治験を積んでいる訳ね。ハイ解散!

 

どうりで、フェイズ3で最終段階な訳だ。

 

記憶が古くて申し訳ないが、日本の治験はたしかフェイズ5まである。安全性がもう、ウソだろって程確認されるので、余程の誤魔化しをしない限り日本の治験はすんごい遅い。ガンの特効薬と言われた丸山ワクチンって、今聞かないでしょ?あれも効くとされていたけど結果、幻の特効薬として封印されたままでしょ?

 

今は有償で試せるようになっているらしいですが。

 

とまあ、使えると思われている薬すら、めっちゃ固いガードで、安全性と有効性がキッチリ確認されないと使えないのが、日本の治験制度。当然、難病の患者さんは大変な想いをされるが、扱うのが人の命である限り、こうなるのも、致し方ない面があるのかもしれない。

 

所で、アメリカさんの治験がなぜヤバいのか?そもそも、アメリカでは薬価交渉権が国に無い。どういうことか?国が薬の値段を決められない。もっというと、値引き交渉が全くできない。その権利が無い!これがどうなるか?

 

製薬メーカーが開発費に儲けをのっけて定価を決めて売れる。しかも、治験も、極力早く終わるように短縮されている。薬価交渉権を放棄した国って、こういう事。つまり、製薬会社が、値段も治験もコントロールしているのだ!

 

これほど恐ろしいことは無い。だって、効かない薬を高値で売れるって事よ?もっといったら、安全性が確認できないような怪しい薬や、安全性に難があって副作用も強いけど、とりあえず、病に効く薬も販売できるって事。

 

だって、使うか使わないかは『患者様の自己責任で判断するんだもん!(てへペロ)』ってのが、アメリカだ。

 

だからね。アメリカの製薬会社の社員はアメリカ以外の薬を使うんだと。そんな冗談(マジ)が言われてるのが、アメリカの薬業界だ。その治験をとっとと終わって、人間様に使えるようになりますよ!ってのが、今回の富士フィルムアルツハイマー薬だ。

 

どこにも薬がアルツハイマーに効き目があるとは書いてあるが、どの程度効くのか?どのくらいの症状の患者に使うのがベストなのか、うまくごまかしてるでしょ?(笑)

 

重症化していない患者に効くんだって(笑)

 

どっからが重症化状態なのか、正確に答えられる人いますか?本職の医師を含めて。素人に解りやすいように。

 

いねーよ!

 

そもそも専門医だって、初期のアルツハイマーを見分けるのは難しいし、どこからが、重症化なんて境目は分からない。末期なら、わかるだろうよ。

 

でも、アルツハイマーの特効薬はいまだに一つもない。効くとされていた。もしくは効くと期待されていた薬のほとんどは実は症状を遅らせる事すら叶わない事が最近の研究で明らかになっている。そこにこの『効き目はある』薬の登場だ。どの位効くんですかね?どのくらいの症状の患者なら、アルツハイマーの悪化より先に寿命が来るような効能を期待できるんですかね?副作用はどの程度、どんなものがあるんですかね?

 

毒を転じて薬となすってことわざがあるように。基本的に薬は毒だ!薄めて使えば薬となる。ツウ事は、効き目はあるが、治らないかもしれないし、アルツハイマーには効くが、その代り心臓が弱るとか、内臓や他の脳細胞にダメージがあるとかの副作用があっても別に不思議じゃない。だって、アルツハイマーには効くんだもの。

 

この記事はそういう事をいっているのだ。

 

新聞記事は鵜呑みにしてはいけない。情報は全部自分の都合の良いように聞き取ってはいけない。アメリカの治験が唯一有利な点。輸入したアメリカの薬が日本で使えるって点だけだ。ただし、安全性や副作用の危険性は自己責任な!だって、日本の治験通ってねーから(笑)

 

使うか使わないかはあなた次第。

 

え?私ですか?

 

御冗談を。まだ死にたくないですわ。チャンちゃん。

 

御後が宜しいようで・・・。

脱時間給、成果による賃金体制の幻想

連合は本当に働く人のための組織なのか。「脱時間給」制度の創設を一度は容認しながら撤回した連合の姿勢から抱くのは、そんな疑問だ。

 労働時間ではなく成果に対して賃金を払う脱時間給は、働いた時間では成果が測れないホワイトカラーが増えてきた社会の変化に即したものだ。

 工場労働が中心だった時代と違い、経済のソフト化・サービス化が進んだ現在は、労働時間で賃金を決められるよりも成果本位で評価してもらいたいと考える人も増えていよう。効率的に働けば労働時間を短くできるメリットも脱時間給にはある。そうしたホワイトカラーのことを連合は考えているのか。

 連合の新制度への反対姿勢に透けるのは、年功制や長期雇用慣行のもとでの旧来の働き方を守り抜こうとしていることだ。だが日本が成長力を伸ばすには、もっと生産性を上げられる働き方を取り入れることは欠かせない。

 グローバル化が進み、企業の競争が一段と激しくなるなか、働く人の生産性向上を促す脱時間給はできるだけ早く導入しなければならない制度である。単純に時間に比例して賃金を払うよりも、成果や実績に応じた処遇制度が強い企業をつくることは明らかだ。企業の競争力が落ちれば従業員全体も不幸になる。連合が時代の変化をつかめていないことの影響は大きいといえよう。

 働き方改革の法制化の全体像をみれば、連合が危惧する過重労働には歯止めをかける仕掛けもある。労働基準法改正案は脱時間給制度を盛り込んだ法案と、罰則付きの残業時間の上限規制などを定める法案を一本化して審議する段取りになっている。残業上限規制の新設は健康確保の面から連合の首脳らも評価してきた。

 

日経新聞記事より。

 

もうね。こういう事はそもそも現在の労働基準法をしっかり読んだのか?と言いたい。そもそも、ホワイトカラーが余の趨勢で、工場労働が無くなったかのような冒頭の発言だが、どこが?と言いたい。よく考えてみろ。確かに家電業界は相次ぐ工場閉鎖が言われた時期が有った。だが、基幹産業は?どの自動車屋が潰れました?どこも潰れてないじゃん!豊田自動車だけで、あの名古屋本社工場だけで、いったい何千人が工場勤務しているとおもってるんだ?経常利益2兆円産業の業界トップがほぼ半数が工場勤務ですが何か?その下請け企業数百社は全部、ソフト産業ですか?(笑)

 

トヨタ一社、自動車屋のたった一個ですらそうなのよ?どうやって、工場が減ってソフト産業隆盛と言える?数字有るの?工場勤務ったって、色々あるんだよ?購買や営業、総務、人事、調達、工務、維持管理、管理本部などなど。全部工場からみのサラリーマンです。これらに成果主義で正当な評価が下せますか?時間給以外の方法で効率化が測定できますか?

 

ならば問いますが、効率化は限界無く進められますか?

 

100年以上前の産業革命から言ったら、とてつもない効率化を確かに果たしているでしょう。でもその効率化のスピードと、賃金の削減幅とそもそもバランス取れていますか?効率化してないから給料上げません。いいでしょう。じゃあ、どこまで効率化したら給料倍になるんですか?そのために人力で無く、設備投資が必要な機械化が必須だったらどうなるんですか?本人の努力なんぞ、無くても良い事になりませんか?

 

それらの問題をなんら解決せずに『経済のソフト化・サービス化が進んだ現在』と言われても納得できねぇって言ってんだよ!

 

ましてや、『工場労働が中心だった時代と違い、』と言われても本当に中心じゃなくなってるの?と言いたくなる。だって、もしもそんなに『経済のソフト化・サービス化が進んだ』のならなんで、製造業の春闘の昇給幅があんなに注目されるんですか?IT企業の春闘が話題になったことが一回でもありますか?ないでしょ?

 

こういう嘘を日経新聞が吹聴していいんですかね?

 

バカも休み休み言え。そもそも日本企業で問題なのは効率化が出来てないからでは無い。

ましてや、

グローバル化が進み、企業の競争が一段と激しくなるなか、働く人の生産性向上を促す脱時間給はできるだけ早く導入しなければならない制度である。』

 

なんて事は絶対にない!

 

やらなきゃいけないのは、業務量と業務遂行者のミスマッチを無くす事だ。

 

例えば、IT企業のSEです。日本でSEになっている人の何割かは文系出身者でしょ?これオーストラリアでは有り得ません。かの国では、理系出身者で一定の資格と技量を持っている人が、然るべき給与で雇用されて、9時5時で帰って休みも普通に取ってます。でも日本は?過労死の温床とか言われているでしょ?なんで?仕事人が間違っているからだよ。

 

教員免許の無い人に小学校の先生させますか?させないでしょ?同じこと。然るべきレベルや知識の無い人にそれらが必要な業界の仕事をさせればそりゃ効率も悪いわ!構造的欠陥に対し、根性論で効率を良くしないと脱時給するぞ!ってバカというかもう正気の沙汰とは思えないでしょ?私は少なくともそう思うよ。いいか、文系たって、学士だぞ?専門と全く違う事やらされて、劇的な成果をあげろってのが無理だろ?

 

弁護士資格も無い人に弁護士業務を国が許さないだろ?そういうミスマッチが多いって言ってんの。デンソウとか、過労死が多い業界の構造的欠陥を政治的に解決してみいよ。あっちゅう間に効率なんざ、劇的に変わるから。

 

で、本題。

 

そんな改善が可能なのになんで、脱時給する必要があるの?むしろ、現行法で何とかする為に知恵を絞って、問題解決の為になにかした?あんたらが、脱時給したい目的は何?先の記事程度の目的しかないのなら、何も解決しないからやめてくれる?むしろ事態は脱時給した事によって、悪化すると思いますが?

 

私は別に効率を良くしなくていいとは言って無い。効率が良くなるならなった方が良い。AIだって、人が楽になるなら、ガンガン使って欲しい。でもな、どう考えてもおかしいからやるなと言ってるんだ。効率化なんて、少なくても幻想に過ぎない。脱時給の方法なんて、いまの方法では労働側の奴隷化促進法としか思えない。

 

話は簡単だ。納得させてくれ。勤労に励む労働者が喜んで受け入れる脱時給、成果評価制度ならいくらでもやるっての。どうにもこうにも胡散臭いんだよ!

兵庫県はまだまとも。

東京都議選の投開票日と同じ7月2日、兵庫県では県知事選が行われていた。5期目を狙う現職の井戸敏三氏(71)にコラムニストの勝谷誠彦氏(56)がどこまで迫れるかが注目された。

「いや、ホントにゴメン。大差で負けちゃったよ」

 とは敗軍の将、勝谷氏。

 結果は井戸氏94万4544票、勝谷氏64万6967票、津川知久氏14万8961票、中川暢三氏10万2919票と続く。確かに30万票の大差ではあるが、65万票近くを獲得。衆議院小選挙区で最多得票の小泉進次郎氏すら17万票弱である。

 

 

Yahooニュースより。

 

勝谷某が、65万票を集めたにもかかわらず、県知事にならなかった兵庫県はまだマシだったと言えるだろう。憲法論議も然るに、未だこの日本て国は絶妙なバランス感覚を時々発揮するからたまげる事がある。

 

そもそも、確たる理由もなしに、敢えて母親の遺言すら破って、政治家になろうとしたのだから、お里が知れるというものだ。

 

自分の母の遺言すら守れないものに市政の有権者を守る事が果たして可能なのだろうか?自身の母の遺言とはかくも軽いものなのかとひとしきり考えてしまった(笑)

だから憲法論議のすり替えだろ?これ。

安倍晋三首相は23日、横浜市日本青年会議所会頭と公開で対談し、2020年施行を目指す改正憲法に関し、秋に召集が見込まれる臨時国会の衆参両院の憲法審査会で、与野党改憲案を積極的に提示し、具体的な議論を進めるべきだとの認識を示した。「憲法審査会でただ単に反対するのではなく、(各党は)自分たちはこう考えているという案を持ち寄ってほしい」と述べた。

 

 

いやいやいやいや、だから安倍首相さんよ!

 

憲法を変える必要はないってのは『反対』表明になるんじゃないの?

なんで、憲法を変える事が前提な話してる訳?そっちの方がおかしくない?70年も経っていれば、時事的状況は確かに変わってきているかも知れない。これを改憲論者は良く言う。対し、ドイツ憲法は年がら年中とは言わないが、何度か憲法改正を行っているから。

 

これがまやかしだっていうのだ!

 

そもそも憲法ってのは何処の国でも古い!

 

フランスの憲法なんざ、ナポレオンの頃から変わってない条文が普通にある。200年前だぞ?なんでそんなことが起るのか?そりゃ簡単だ。憲法はそもそも刑法やら民法の様に細かい規定が無い。無いと言うと語弊があるが、ほぼ意味は通じるくらい無い。なぜか?それは国の有り方を理想論ぶち込んで作った条文だからだよ。

 

例えば、幸せになりたいと願った事をまとめた本があったとしたら、幸せの詳細は時代によって変わるだろう。例えば昔なら、農作物が育ちやすい時期に雨が降ってくれるのが幸せだって人もいただろう。現金が欲しいってのが幸せな人もいるだろう。地位や名誉が欲しいって人も、アイフォンが欲しいていう幸せを願う人もいるだろう。

 

紀元前の人類がアイフォンもらっても、何の役にも立たない。でも、現代人には幸せかもしれない。憲法が規定する理想論はそういう事。幸せの細かい定義が時代と共に変わっても幸せがある日突然不幸せには変わらないだろ?憲法を変える必要が長きに渡り無いのはそもそも憲法と言うのが理想論を組み立てた『国の有り方』を規定する条文だからだ。

 

正義と悪党は背景で変わる事が有っても、本質的な善悪はほぼほぼ変わらない。100万人虐殺したポル・ポトが一瞬英雄になることは有っても、虐殺と言う悪は絶対に善にはならない。結果、最後にキッチリ裁かれたじゃん。

 

だから、憲法何てそうそう変わる訳が無い。特に日本の場合、自分で作った憲法じゃないから、色んな世界的頭脳が寄り集まって、そこに日本人も加わって、理想のあらん限りを追及して突っ込んだのが日本国憲法だ。だらか、稀代稀に見る整合性をもって未だに文句のつけようが無い憲法に仕上がっている。片や自分で憲法を作っちゃったが為にある種の『雑念』が入っちゃったドイツ憲法は目が覚めてから、これやり過ぎだよねと改定する必要に迫られた訳だ。そりゃそうだよね。だってナチの独裁から脱却するための憲法だったんだから。

 

憲法の成り立ちからして西欧、欧米と全く違う立場の日本国憲法になぜ安倍首相は『改憲有りき』で話をするのか?到底理解できない。

 

良いから安倍首相は一回『未完の憲法』木村草太(著)、奥平康弘(著)を読んでくださいよ。

 

以下引用。↓

憲法は国家権力を拘束し、そのことによって国民の自由を確保するものだ」

↑ 引用終り。

 

70年の長きに渡り、国民から憲法を変えろ!と論議が巻き起こらない事をもって、追認と取る方が合理的という対談の中で言及があるが、全くその通り。

 

何度も言うが、その憲法を変えたいって事は、変えた方が得する勢力がいるからだからね。しかも、変えて得する内容が、国民の利益になるのなら、大っぴらに宣伝するはずが、それをしないって事は後ろ暗い真の理由があるからだ。

 

本当に憲法改正が必要ならば、国民にこう言う良いことが有ります!是非とも憲法を変えさせてくださいって、判り易く説明したらいいじゃない。国民が賛同すればあっという間に憲法なんて改正できますよ。それこそ国会での論議なんて、待たなくていい。

 

それが出来ないのがもう面が割れてるって話。

 

何をどう言っても、安倍首相の改憲論議には全く賛同できない。

 

財産分与が変わる?

法制審議会(法相の諮問機関)の部会は18日、亡くなった人の遺産を分け合う遺産分割の規定を見直す試案をまとめた。婚姻期間が20年以上の夫婦のどちらかが死亡した場合、配偶者に贈与された住居は遺産分割の対象にしない。いまは住居も相続人で分け合う遺産のため、住居を売却して配偶者が住まいを失う問題があった。

法務省は8月上旬から約1カ月半、パブリックコメント(意見公募)を実施する。公募の結果を踏まえ、年内にも要綱案をとりまとめ、来年の通常国会民法改正案の提出を目指す。

 遺産分割は、亡くなった被相続人保有していた現預金や有価証券、動産、不動産などの遺産を、相続人で分ける制度。夫が亡くなり、配偶者の妻と子どもが相続人の場合、妻が2分の1を相続し、残り2分の1を子どもの人数で分ける。

 現行制度では、居住用の土地・建物は遺産分割の対象になる。亡くなった被相続人が遺言で「住居は遺産にしない」などと意思表示しなければ、生前贈与をしていても相続人で住居を含めて分け合わなければならない。

住居以外の財産が少なければ、残された配偶者が遺産分割のために住居の売却を迫られ、住み慣れた住まいを失う恐れがあった。高齢化の進展で同様の問題はさらに増える見通しで、法制審は対応策を検討していた。

 

 

日経新聞記事より。

 

これかなり良い法改正につながるかも。

 

中身次第だが、色々使い道がありそうだ。

ホワイトカラーエグゼンプション三度復活!

「脱時間給」(ホワイトカラー・エグゼンプション)を含む労働基準法改正案を巡り、政府、連合、経団連は19日をめざしていた修正案の合意を延期する。連合の組織内から反対意見が相次いでいるためだ。連合は21日に開く中央執行委員会の議論などを踏まえ、今後の対応を判断する。政府は月内の合意をめざす。

 脱時間給は、労働時間でなく成果に基づき賃金を払う制度。現行の法案では「年104日以上の休日取得」「労働時間の上限設定」「(退社から出社まで一定の休息を確保する)勤務間インターバル」のいずれかを導入すると定める。連合の神津里季生会長は13日、安倍晋三首相と首相官邸で会談し、年104日以上の休日取得を義務化するよう提言した。

 2015年の国会に提出された脱時間給を盛った労基法改正案について、野党や連合は「残業代ゼロ法案」と批判してきた経緯がある。当初は19日に首相、神津氏、経団連榊原定征会長が現行案の修正で合意する段取りを描いていたが、傘下の産業別労働組合が強く反発し、延期することになった。

 

日経新聞記事より。 

 

これね。

 

どうやっても通しちゃだめだよ。

 

現行法令すら、過労死が後を絶たないのに馬鹿言うなっての。

 

こんなもの、過労死したって裁判で企業側が勝っちゃう根拠になる法律だからね。企業側の横暴に法令的な根拠を与えて、弱者が救済できなくする法律ですから。簡単に言えば。これに反論できる人がいたら、本当に納得できるように説明して欲しい。

 

だって、言っている事は全部、現行法で出来る内容でわざわざ新たに制定する必要ない中身だから。ずっとそう。でもなお何で、新し法律が作りたいか。

 

そんなの簡単。

 

新しい法律には現行法をやっつける法的根拠が盛り込まれるからだよ。これを通して良い訳が無い。現状出来てることを、あえて変えるのは変えた方が得な奴がいるから。これは世の鉄則だから、忘れないで欲しい。