トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

日本の鉄道技術は世界一ではない。

日本の鉄道には、世界共通の物差しで「世界一」だと定量的に評価できるものが、年間利用者数が極端に多いことを除けばほとんどない。もちろん、時間の正確さが際立っていることはたしかであるが、鉄道業界では「定時運行」の定義が統一されていないため、航空業界の定時運行率のような世界共通の物差しで評価できない。また、時間の正確さの背景には、線路などの施設が貧弱で、列車を高密度、かつできるだけ時間通りに走らせないと十分かつ安定した輸送力が得られないという現実があるし、そのために鉄道で働く労働者の負担が大きくなっているというネガティブな面があるので、世界に誇れるとは言いがたい。そもそも日本は鉄道技術をイギリスなどから学んだ国なので、先駆者を差し置いて自ら「世界一」と主張するのは違和感がある。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

いや、専門家から見たらそうなんだろうよ。

 

でもさ、これは私の素人反論だけど、もしほとんど新技術が発達していないとするのならそれは成熟してきた技術という事で、別に競争する場面ではなくなったという事でしょう?

 

日本の鉄道技術が世界一と想像している日本人だって、別に鉄道を走る新幹線や列車だけが世界一だなんて思ってねーと思うよ?

 

恐らく日本人の一般的なイメージは列車を含むトータルバランス、時刻表の正確さや整列乗車や駅行員のマナー、おもてなしを含む高い接客姿勢などを踏まえての評価な気がする。

 

どうもこの筆者は世界一ではない!って事が言いたいが故に揚げ足取りをしている様にしか見えない。そりゃ単純な速度だけで言ったら、速い電車はいっぱいあるよ。だって、殆ど地震が起きない平坦な国土の大陸鉄道なんて飛ばし放題だから。

 

日本みたいにトンネルは有るは、勾配差は激しいは、地震は年中起きるはの中で、あれだけの高速を維持して、ダイヤも乱れず運行され、事故も異常もほぼ起きないなんて、他のどこの国が実現してますか?って話でしょ?

 

どこにもねーよ。

 

あったらむしろ教えてくれ。

 

技術的に成熟しているからこそ、かの中国ですら、切り貼りの技術で新幹線運用できているんでしょうが。もう発達し終えた基本技術だから、移管が比較的容易なんですよ。

 

日本の鉄道技術が、マンパワーに依存している事には異論は無いが、それだけを取って限界が来ていると断ずるのと、世界一では無いと言い切るのは違和感がある。

 

その限界を超える提案をするのもまた日本の鉄道技術なのでは無いですか?

 

速度の速い列車を作るだけが技術じゃないと私は言いたい。

除雪は生命の危機に相当しませんか?

除雪作業に対する費用は、出動した時間だけ支払われる。だが記者が訪れた時のように、出動せずに終わる場合も多々ある。その場合でも、オペレーターの人件費や除雪車の維持管理費・リース料は重くのしかかる。雪が降れば儲かるが、降らなければ経費だけがかさむ。

津南町のように、稼働時間が規定に達しなければ「待機費用」を支払う自治体もある。だが、前述の調査では多くの企業が「待機費用だけでは人件費や重機の維持費を賄えない」と答えている。

業者の切実な声を前にしても、自治体はおいそれと除雪費用を増やす訳にはいかない。除雪費用は毎年度予算に計上しているが、降雪が想定よりも多ければ除雪車の出動回数が増え、とたんに予算が枯渇する。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

除雪作業は実際雪が積もって、それをどかしている実働時間分しかお金を支払ってもらえないので、儲からないという記事だった。

 

でも、これおかしくないですか?

 

豪雪地帯と言われるところでは、出勤前に雪かきを各家庭で一時間くらいしてから、出社するのが当たり前。お年寄りなら雪かきボランティアを併用しても、冬の除雪代金が年金生活を圧迫する事態になって久しい。

 

雪かきしないと、雪質にも寄るけど、家が倒壊するくらいのパワーが有るんでしょ?これもはや生命存続の危機なんじゃないの?地方自治体の問題で納めて良いの?日本国民であることは変わりないのだから、地方の財源だけでなく、国庫の財源も突っ込むべきでは?

 

建築業者はここ最近、後継者不足も、高齢化も叫ばれている業界なのだから、税制や補助金、優遇措置を総動員して、雪かき、除雪業が儲かる仕組みに変えて上げるのが国の施策って奴じゃないんですか?

 

国の有り様を『政策』をもって変えられるのは政府だけだ。その政策を立法して、後押しできるのは国会だし、その国会で論議できるのは国会議員だけだ。

 

こういう事は選挙にいかねー人達は基本考えてくれないんだよな(嘆息)

 

自分のお爺ちゃん、お祖母ちゃんが、雪に押しつぶされた時、雪の少ない首都圏でのうのうと暮らしていた自分たちは悲報を聞いてなんと思うか、想像してみ?

 

自分の息子、娘に放っておかれて、経済的にも時間的にも個人でケアできない事情があるのかもしれないけど、それだったら、直の事、政治で何とかできそうな分野は選挙に行ってくることで、回りまわって結果的、扶助してもらえるように税金を投入してくれる政治家を選ぶ義務があんじゃねーの?

 

もっと、税金の使い道や、誰にどこに、どんな世代の場所に、どれだけ金が突っ込まれているのか、意識して見極めようと、ニュースや新聞から情報を取らないと結果、自分の家族や兄弟が損しますよ?

 

子供や親が損しますよ?

 

いいか、この現在の自民・公明与党が復活するまで、高齢者と子供(18歳以下)の世代でかけてもらっているカネが20:1だったんだぞ?高校の無償化も今は進んでいる。これだって、公立と私立の問題は有るにせよ30年後はもしかしたら高校までは義務教育になっているかも知れないよ?

 

大学の統廃合も進むだろうし。

 

我々は常に次世代に責任を負っているのだから、武士は食わねど高楊枝で、せめてどんなに貧乏に追い込まれても、魂だけは粋で行きたいものだ。自分も決して裕福では無いが、心の財は誰にも侵されないし、盗まれもしない。

 

我が心意気だけは誰にも邪魔されない!

 

そういう自分から言わせると、除雪で生活できるように仕組みを工夫して下さいよ?政治家も、官僚も頭良いんでしょ?

 

となる。

シルバーシートの事。

夫婦の女性は障害者で杖をついている。夫がドアに一番近いスマホの若者に「すみません、長い時間立っていられない身なのです、譲っていただけませんか?」と申し訳なさそうに言った。するとスマホ男は「オレだって疲れてんだ!」と大声を上げた。周りの乗客が一斉に注目したから、それほどの大声でけんか腰だった。それでもスマホ男はガンとして席を譲ろうとはしない。他の優先席のスマホに夢中の「健常者」もしかりである。

実はこの出来事は、わが家族のことである。妻は脳梗塞の後遺症で左手と腰にマヒが残り、歩けるのだが長時間立っていることはできない。身体障害者手帳も所持している。スマホ男は周りの視線を気にしながら千歳烏山で席を立った。私の家内はその後に座り、黙って下を向いたままだった。冷たい世の中というより、ひどい世の中になったものだと思った。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

これもうね。日本特有の問題だと思う。

 

一般的な日本人って、中国人の事をモラルの低い結構自分勝手な人たちだと思っているでしょ?そう言う人たちも一定数いる事は事実。ただ、これは中国に実際住んで仕事をしている私から言わせると、一側面でしかない。真実の姿ではない。

 

中国はそもそも、儒教思想が根付いている国だ。親、兄弟親族が最優先。その中でも年長者の発言がもっとも大事とされる。近年の近代化で変わりつつある面もあるが、根本的には変わってない。

 

つまり、

 

シルバーシートの様な物があると中国人の若い世代、60歳以下位なら必ず席を譲る。譲られたお年寄りは素直に受けることが多い。これは上海などの大都市圏でもかなりの確率で確実に起こる現象だ。実際何度も私は目にしている。

 

面白いのは添乗員が居て、添乗員が券売している公共バスがあるのだが、このバスの場合、バスの添乗員が若い子がシルバーシートに座っていると『どけアホ!あんた若いんだから立ちなさい!』と丁寧にお願いして(笑)どかした後、お年寄りを座らせる。

 

文句もあろうが、そのようにどかされた側は表立って文句は言わない。なぜならば儒教思想において年長者を優遇するのは当たり前で、それに異を唱える事は所謂『世間に盾突く』ような図式になる。

 

だから、いう事を聞くのだ。

 

譲って欲しいと頼まれてそれに怒りを露にするのは日本位だ。

 

バリアフリーやLOVEが至上命題になっているキリスト教圏のヨーロッパや欧米なんかはそうする事が、当たり前になっている。事、これに関しては無宗教であることがかっこいいという間違った見識が一般的になっている日本が一番遅れているだろう。

 

国際的にみて、無宗教であるというアピールは過去の日記でも何度か書いたが、『私は何も根幹になる判断基準を持ちません!』と宣言しているようなもので、ただのバカだと海外勢からは思われる。

 

だから、『貴方の信ずる宗教はなんですか?』ともし聞かれたら、『武士道です』とても答える方がまだマシだ。実際、新渡戸稲造が『武士道』を著作したのはそのためだから。新渡戸稲造は日本人が特別宗教を信仰していなくても、日本人なら武士道的な道徳観で動いているよね?と思い立って、一般的な日本人はこういう感じよ?と『武士道』をまとめたのだ。

 

ちょっと話がそれたけど。

 

だから、シルバーシートにい於いては、いずれ自分もお年寄りになるのだから、たとえ疲れていようが何だろうが、1歳でも若い者の矜持として、意地を張ってでも、見得を切って席を立ちたいと思う。

 

その方がよっぽどカッコいい!

 

江戸っ子が言う『粋』なんてものは痩せ我慢の産物だ。でもカッコいいだろ?(笑)

 

そういう粋の良さは日本人特有の良さなのだから、捨てたくないし、むしろ自分が疲れ切って具合が悪い時こそ、一歩踏み込んで、『どうぞお座りください』と席を譲りたい。これは儒教思想でもなく、キリスト教でもなく、日本特有の道徳観、『武士道』によるところだと、見栄を切ってやりたいじゃないですか(笑)

 

まあ、私は仏教徒なので、武士道なんぞなくとも、席は譲るのですが・・・。

 

中国でもそうしているしね。

 

御後が宜しいようで、チャンちゃん。

 

なぜ半年に一度帰国するのか?

現在、延べ4年8か月、通算2度目の駐在任務を仰せつかって、中国にいる訳ですが。

 

可能な限り半年に一度は日本へ帰国する様にしている。

 

なんでなのか?

 

歯が大事だと気が付いたから!

 

これ割とガチですよ。

 

日本人の場合、80歳くらいまで歯が一体何本残っていると思いますか?

 

普通にやってたら、10本程度なんだそうです。

 

で、歯を失うと味覚が衰えます。味覚が衰えるとそれにつられて色んな感覚が衰えます。正確には味覚の衰えを補うために他の感覚も鈍くなって、全体的に違和感が出ない様に調整し始めます。

 

味覚を衰えさせず、感覚を保つために必要な歯の本数ご存知ですか?

 

知らないでしょう。

 

私も知りませんでした。

 

なんと必要本数20本。

 

28本くらいしかない永久歯をざっと三分の二保たないと感覚が衰える可能性があるってこと。しかも80歳までそれを保つのはかなりハードルが高い。

 

なので、42歳から遅ればせながら3か月に一度の歯石除去と歯茎の点検をしてもらうようにした。元々味覚は鋭かったので維持したかったのと、歯茎が遺伝的に丈夫な家系では無かったので、歯を守る具体的なアクションが必要だと考えたから予防歯科をネットで探して定期的に通うようにしたのだ。

 

本当は外科手術級の処置を施す必要がある歯が奥に一本あるが、そのためには最低6ヵ月の時間が必要なため、現在の業務環境では難しい。

 

仕方ないので、半年に一度は帰国してメンテしているという所。

 

元々は前回の中国駐在の際、父親の大型検診が年に一度7月くらいにあるので帰国していたのが始まりなんだけど。親父殿は職人様だから、とにかく医者が嫌い。首に縄を付けて引きずってゆくのが我が使命だった訳だ。

 

歯と歯茎を大事にして、味覚を保ち、ジビエ料理の店を開くまで、頑張んないとな(笑)

 

定年したら、猟師始めようと思って(笑)

 

それまでに何とか50歳前に狩猟免許と猟銃免許を取って、ハンターデビューしたいものだ。管理栄養士の資格も取って、調理師免許取ってやりたい事はいっぱいあるのに時間が無い(笑)

 

急ぐんだよな。

 

私多分最高長生きしても65歳位で死ぬだろうから。

 

18歳の高校三年生の時に建てた人生計画では58歳で死ぬ予定だったから、もう14年くらいしか残ってないから、困るのよ意外に短くて。

半年ぶりの帰国。

今これをタイで書いている。

 

今年の春節は会社のご厚意で、飛行機代を出してもらって、タイ工場経由で日本へ帰国出来る。

 

懐かしい先輩や同僚にお会いして、中国以外の国の地域性を感じることが出来た。

 

まあ、色々他の国の駐在者もまあ、無茶を振られていると良く解った(笑)

 

経営陣も我ら現場とは違う責任を負ってさぞ大変だとは思うが、まあ現場から好き勝手な意見を言わせてもらえば、『ご無体な』話をガンガン振るもんだという事に尽きる。

 

二泊三日の超短期間だったが、色々裏事情も聞けたし、次回タイに遊びに来る時はもっと長く遊びに来いと言ってもらえた。色々楽しい所へ連れて行って下さるとの事で・・・。(ゲス顔)

 

今回はちょっと仕事もしたので、まあ時間的余裕は無く、観光らしい観光は一切なしだったから、次回はタイの仏教寺院などを回ってみたいと思っている。最初の要望通り、スーパーマーケットへ連れて行ってもらったのはやはり正解だった。

 

地元の生活を知るのにはやはりスーパーに行くのが一番だね(笑)

AIと人類の共創とは?

現在のAIは数字や理屈の世界から出ていません。数字や理屈で表せない世界をどう扱っていくのか。三途の川のような夢の世界もその一つかもしれませんが、コンピューターはいずれ、こうした領域にも入り込んでいくでしょう。

(中略)

その先は、勘だけではなく全ての人間の判断を模倣できるようになる。私はそれを、判断の「判」を取って「ハンピューター」と呼んでいます。そうなった時、人類の脳とAIの差はよく分からなくなる。つまり、人類はAIと「二人三脚」で歩むようになるはずです。

 そんな世界では、思考が他者に瞬時に伝達する「テレパシー」のような技術も、人類は手に入れているかもしれません。例えば、落ち葉に火をつけることを想像してください。1枚の落ち葉に火をつけると、周囲の枯葉に徐々に燃え伝わって、遠くにある落ち葉もやがて燃え始めます。しかし、これがある落ち葉を燃やした途端、瞬時に遠くの落ち葉も燃え始めるような、そんなことが可能になる世の中になる。

 落ち葉につく火は、アイデアの火です。ある人が思いついたアイデアが、瞬時に他者の思考と共鳴して、判断を下したり、イノベーションを生み出したり。要するに、私が昔から主張している「共創」は加速する。それに向けて、人類も進化していかなければならない。

 そうなるには、どのような技術が必要かですか? それは、三途の川から戻ってきた私なんぞではなく、若い人たちが考えることです。

 一つ、アドバイスできることがあるとすれば、もはや、人類もコンピューターも、数字や理屈だけを頼りにしていてはダメだということです。テレパシーや念力といった、これまでは人知を超えた世界だと思われていたような現象も、科学の力で人類の未来にどのように活用していくかという発想が、これからは求められる。そういうことまで考えないと、人類はコンピューターに使われるような世界になってしまいかねない。

 人類が高い志を掲げて進化し続ければ、100年後の日本、そして世界は安泰です。

 

 

日経ビジネスより。

 

シャープ元副社長『佐々木 正』氏が102歳でこの1/31に永眠されました。

 

電卓の生みの親であり、今のAIにまで発展する電子技術の親と言われた生粋の技術者です。京大出身の佐々木氏はちょっと前に日経のインタビューに上記のようなコメントを残しています。

 

彼の結論はこうです。

 

  1. 夢の世界もコンピューターの領域に入る。
  2. 人類はAIと二人三脚で歩む。
  3. 数字や理屈だけの世界は終了。

 

とても含蓄深い考察です。

 

このインタビュー冒頭氏は三途の川を見てきたと言います。そしてこの考えた発想はそんな100歳を超える私が作る技術では無くて、今の若い人が考える技術だと。

 

AIが今非常に注目を浴びて今後発展しそうな期待が集まっています。

 

それに加えて、ターミネーターの様な未来を予想し、警戒する人たちも少なからずいます。

 

佐々木氏はこう予想します。1.の夢を技術に変える。テレパシーのようなものを人類は技術的に手に入れる。AIを仲立ちにして、一人の発想を瞬時に全体の他に伝播し、『共創』できる社会になると。

 

技術そのものには善悪の色はありません。

 

人が、他の何かが善か悪かに色分けするのです。

 

AIがどんなに発達し、人類と区別がつかないほどの能力を獲得したとしても、私は究極の部分は人類に届かないと思っています。あらゆる事を学習し、究極までに進歩を遂げたAIが唯一獲得できないもの。それは『生命』そのものだと思います。その生命こそ、氏が求める『発想』の源泉であり、それが絶えた人類こそAI以下になってしまった人類使われる側に転落した姿だと思います。

 

進化と進歩は決定的に違います。

 

進歩とは今までの延長線上です。

 

進化とは前例のない場所へのジャンプに他なりません。

 

この進化は生命が獲得した唯一、機械やAIに勝る部分だと私は思っています。

 

なぜなら、もしこの宇宙に究極に発達したAIが存在したら、同じ能力をもったAIを量産できる機械化文明みたいなものが、恐らく全宇宙に広がってすぐお隣の銀河あたりで増えているハズです。しかも機械である彼らは疲れませんから、あっという間に広がっているハズ。でも今の所そうなってません。

 

進化の重要性に気が付いたAI文明がもしかしたら、まだ生命が根付く星を保護しているのかも知れませんが(笑)極論、AIの限界は『進化』に基づく、次世代への継承が頭打ちになる事だと私は予測しています。

 

佐々木氏のコメントを読んで、期待される若手になりうる様に成長したいと決意を新たにしました。私で無理なら、次世代に期待しましょう(笑)

そろそろ仮想通貨に縛りを掛けませんか?

米証券取引委員会(SEC)は30日、6億ドル(約653億円)規模の仮想通貨技術を使った資金調達(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)について、米連邦地方裁判所から資産凍結の命令を得たと発表した。SECが不正取引を阻止する目的で、大型ICOを差し止めた形だ。

 

 

日経新聞記事より。

 

仮想通貨のヤバい部分がどんどん出てくるな(笑)

 

そもそも、流通するから通貨な訳で、送金手段だけに使って、通貨としての特性を一部殺して限定的にするルールを国際的に決めた方が良いんじゃないの?