トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

サマータイム導入必要ですか?

日本睡眠学会理事の神山潤医師は、サマータイム導入による健康被害についてこう警鐘を鳴らす。「サマータイムは、ただ単純に時計の針を2時間早めるという話ではありません。間違いなく寝不足や時差ボケの状態が続く人が出てきます。眠気に強い/弱い人、長時間/短時間睡眠が適正な人などがいるなかで、それを一律にするのは大変危険です。サマータイム導入で最も生体リズムを狂わされるのは“夜型”の人でしょう」

 海外の研究でも、サマータイム導入による健康被害は多数報告されている。

「日本よりも睡眠時間が長い国でさえ、サマータイムへの変更時には心筋梗塞脳卒中、(寝不足による)交通事故が増えるということが報告されています。オーストラリアでは、睡眠不足でうつ病を発症し自殺する人が急増したという例もあります」

 しかし、日本ではそれ以上の健康被害が予想される。総務省の’16年の社会生活基本調査によれば、日本人の一日の睡眠時間の平均は7時間40分。経済協力開発機構OECD)の国際調査と見比べると世界最短レベルだった。日本人は「世界一眠りを疎かにする国民」なのだ。神山氏は指摘する。

 

 

ネットニュース記事より。

 

これ、問題が別じゃね?

 

そもそもサマータイムを導入する目的なによ?オリンピックの為?それとも経済効果の為?オリンピックは2020年一回こっきりだが、一度導入されたサマータイムは永続する可能性があるんですよ?

 

国の法律なんて、一回決まればその法律がどんなにクソでも、大抵覆る事が無い。そんな法律ってものの側面をみても、実にサマータイムを導入後取りやめた国が片手は優にある。

 

って事はそれだけ不都合極まりないシステムって事でしょう?それをたかだかオリンピックの為だけに恒久的に導入しようなんて正気の沙汰とは思えませんが?

 

そんなに素晴らしいサマータイム制度なら、その素晴らしさを解るように説明して、導入した結果あなたがどう得なのか?をきっちり説明してくださいよ。きっと導入したい人たちは導入すると得するんでしょ?何がどんだけ得するの?それをつまびらかに公に話せますか?話せない後ろ暗いなら、それは信用に足りませんよね?

 

そのくらいサマータイム制導入は私は怪しい話だと思っています。

化学物質規制の流れ

信越化学工業は車の樹脂部品や化粧品などに幅広く使うシリコーンを5割増産する。1100億円を投じて日本やタイ、米国など各拠点の設備を増強する。シリコーンは増産していた中国勢が環境規制で工場の操業停止を迫られ、品薄になっている。さらに米国が8月、中国に追加で制裁関税を課した。信越化学は世界の拠点から供給できる体制を整える。米中貿易戦争が過熱するなか、供給網を見直す動きが広がりそうだ。

 

 

日経新聞記事より。

 

かの中国も、昨今急激に化学物質の規制を強めており、はっきりって中国の割に厳しい法令基準を意外に順守してきている。

 

おかげで日系メーカーも場所によっては追い出されてしまっている。

 

まだ、中国国家標準(GB)事態に罰則が無い努力義務なので化学法令的には隙があるが、これが共産党が仕切っている訳だからいつ矯正法規に変わるのか全く予想もつかない。多分、国家の気分次第だろう(笑)

 

故に常に先々用心あるべしなのだ。

 

中国駐在者あるあるに中国には3つの坂がある。

 

上り坂、下り坂、真坂!

 

と言われて久しいが、この日記にも度々登場しているが、未だにそれを感じるので、準備、用心するに越した事は無いのだ。

徒弟制度にでもして若年層もカバーしてくれ!

政府は高齢者が希望すれば原則70歳まで働けるよう環境整備を始める。現在は原則65歳まで働けるよう企業に義務付けており、年齢引き上げの検討に入る。2019年度から高齢者の採用に積極的な企業を支援する。その上で来年以降に高年齢者雇用安定法の改正も視野に70歳まで働けるようにする。少子高齢化や人口減少社会を見据え、多様な働き方を後押しするのが狙い。

 

 

日経新聞記事より。

 

これベテランを薄給でつかうルールでしょう?普通に考えて、経験を積んだベテランを格安の給料で使った挙句、国から補助が出るんじゃ、若年層の雇用は崩壊する。

 

だから、ベテランを安く使って良いから、技術継承を若年層にさせるように、バディーにして雇用すると補助が出るようにしてくれ。

 

そうすれば技術継承もできるし、ベテラン、若手双方にメリットがあり、世代間闘争にならんで済む。ついでに人手不足も解消できて一石三鳥でしょうよ。

ペットと高齢者孤独死の事。

長い闘病生活の末、病院で亡くなった杉岡道子(仮名)さん。ある日、彼女の親族から望月さんの会社に「故人の遺品整理をしてほしい」という依頼がありました。望月さんが故人の自宅で遺品整理を進めていると、部屋の片隅から白骨化した猫と思われる死骸が見つかりました。おそらく故人が入院してしまったため、誰も世話をする人がおらず、餓死してしまったようです。依頼主である親族は死骸が見つかって初めて、生前の杉岡さんが猫を飼っていた事実を知りました。

望月さんが同業者から聞いた話によると、そのほかにこんなケースもありました。故人の遺品整理に自宅に入ると、ベッドの上で犬がうずくまるようにして亡くなっていました。飼い主が突然入院してしまい、置き去りになっていたようです。

望月さんの「ベッドに飼い主のにおいが染み付いていたんでしょうね」という言葉に複雑な感情を抱きます。

 

週刊東洋経済記事より。

 

『終生飼養』という言葉がある。

 

飼い主が、その飼っているペットが、死ぬまで一生ちゃんと面倒を見るという意味だ。昔、近所の大工の棟梁が言ってた。『自分の食い扶持も稼げないのに畜生(ペット)の面倒なんか見られるか!』と自分の子供に言っていた言葉だ。

今なら、情操教育だのなんだのと言って、この棟梁の方が、時代遅れだ見たいに言われるのだろうが、子供ながらにこのおっさんの言ってることは正しいと直感したのを覚えている。

 

孤独死が増え、独身単身世帯が増えた今、結婚しない、子供を持たない選択をした人たちにとって、ペットは掛け替えのない家族だったりするのだろう。単身世帯のお年寄りもそうかもしれない。

 

でもだからと言って、パートナーに迎えたペットを置き去りにして良い訳では無い。ペット側からは飼い主を選べない。選べないのに一蓮托生を強いられるのだ。せめて、彼らペットの寿命がもつまで自身が生きられない可能性があるのなら、基本的には飼うべきではない。

 

それでも飼いたい場合は、自分が死んでも何とかなる仕組みをペットのために残しておくべきである。

 

それは次元は違うが、子供に対しても同じ。何を残してやるかは人それぞれ違うだろうけど。

原油が高くなりそうですな。

JXTGエネルギーなど日本の石油3社が10月にイラン産原油を輸入停止する見通しになった。米国がイラン制裁を再開する方針を受け、制裁の適用除外を求める日米交渉が難航しているためで、3社が10月からサウジアラビアなどに切り替える。代替調達でコスト高になれば、高水準にあるガソリン価格をさらに押し上げる恐れもある。日本政府は米国に対して制裁の適用除外を求めてきた。8月にワシントンで開かれた日米協議でもエネルギー安全保障上、問題があるなどと日本は主張したが交渉は難航。代替調達に向けた期限が9月上旬と迫っていることから、政府は来週にも現段階では適用除外を得られないとの状況を石油各社に伝える見通し。

 

 

日経新聞記事より。

 

これどう考えても、ガソリン爆上げにしかならなくないですか?

 

1L200円越えあるかもな。

 

黒田日銀総裁曰く、原油が高い方が良いのでしたっけ?安い方が良いのでしたっけ?

 

まあ、日本の景気動向も確かに気になりますが、庶民としては景気の善し悪しより、今日の飯、明日の生活の方が心配ですよね。

児童虐待には厳格な法令を以って臨むべし!

全国の児童相談所(児相)が2017年度に相談や通告を受けて対応した児童虐待の件数は、前年度比9.1%増の13万3778件(速報値)で過去最多を更新したことが30日、厚生労働省の集計で分かった。児童虐待に対する社会の認識の高まりなどを受け、1990年度の集計開始から27年連続で増加している。

月に東京都目黒区で船戸結愛ちゃん(当時5)が死亡した事件など深刻なケースも後を絶たず、厚労省は児相の体制を強化する方針だ。

児相に虐待を通告した人や機関は、警察が6万6055件で最も多く、前年度比で約1万1千件増えた。

 子供の目の前で配偶者に暴力を振るうなどの「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」を「心理的虐待」に含め、積極的に児相に通報するようになったことが背景にあるとみられる。

 虐待の種類別では、面前DVや子供に暴言を吐くなどの「心理的虐待」が7万2197件で、全体の54%を占めた。面前DVも虐待に当たることが周知されるなどし、5年前の12年度の約3倍になった。

 殴る蹴るなどの「身体的虐待」は約3万3千件(25%)、育児放棄などの「ネグレクト」は約2万7千件(20%)だった。どちらも5年前の1.4倍に増えており、関係機関や近隣住民、家族などからの通報が増えているとみられる。

 

日経新聞記事より。

 

もうね。絶対に逆らえない子供を虐待するのは畜生にも劣る悪魔の所業。子供は親の庇護無しに生きて行けないのにその親から、虐待されるとは何たる悲惨極まる事態か!

何度か、この日記にも尊属殺の法令を引き合いに出して、厳罰化すべし!と繰り返し主張してきたが、その気持ちはいささかも変わっていない。ちなみに尊属殺の法規定はその後、個人的に調べた結果、『村山富市政権下の1995年に刑法が改正され(平成7年法律第91号)、条文が文語体から口語体に変更されると同時に、尊属殺人罪だけではなく尊属傷害致死罪・尊属遺棄罪・尊属逮捕監禁罪も含めたすべての尊属加重規定が削除された。』という文言を見つけまして。有名無実化されていたのを記したいと思います。

 

今はそこまで理不尽に厳罰化されていなかったので、とんだ間違いでした。すいません。

 

ただ、それでも尚、増えている児童虐待については法令の整備とその罰則の厳罰化を急いで欲しいと切に願う次第。

確定拠出年金の期間延長を検討。

厚生労働省は運用成果によって年金額が変わる確定拠出年金について、掛け金を払い込める期間を延ばす方向で検討に入る。上限を60歳から65歳に上げる案が軸だ。期間が延びれば、老後に受け取る年金は増える。60歳を超えても働く人が増えているため私的年金の仕組みを充実させ、先細りする公的年金を補う。

 老後の支えとなる厚生年金は受給開始年齢を段階的に65歳まで引き上げている。このため政府は高年齢者雇用安定法で、65歳まではすべての希望者を雇用することを企業に義務付けた。総務省によると60~64歳の就業率は2017年に66%と、確定拠出年金を導入した01年から約15ポイント上がっている。長く働いて年金を積み立てるニーズは高まっている。

 厚労省は18年度中にも制度見直しの検討に入る。確定拠出年金は働いて得る収入で掛け金を出すことを前提にする。就業率の推移などを踏まえて22年度までに結論を出し、確定拠出年金法の改正案を国会に提出する。

 確定拠出年金は個人が定期預金や保険、投資信託などから運用手段を選ぶ。運用がうまくいけば、掛け金以上のお金を年金として受け取れる。掛け金は全額が所得控除の対象となる。運用益は非課税で、受取時にも税制優遇がある。

 現在は加入できる期間が20~60歳になっている。企業型と個人型があり、厚労省は個人型の加入期間を65歳まで引き上げることを検討する。企業型では、同じ企業グループで働き続ける人を対象に60歳以降も加入できる制度を議論する。

 

日経新聞記事より。

 

どんどんやってくれ。

 

正直、個人型確定拠出年金はもっと自分が若ければやりたかったのだが。優遇税制がかなり角度が付いているので、絶対お得。

 

運用が鉄板で低リスクな代わりに複利効果を狙った長期運用が前提になるので、20年以下の運用機関では正直あまり旨味が無かった。ただ、65歳まで積立可能なら、通常の年金と合わせて、それなりの効果を期待できるため、18年度中に結論がでるのならば投信を選んで確定拠出年金をやってみたい。

 

海外駐在の身では、マイナンバーを返納しているので、投信買えないのよ・・・トホホ。