読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハムラビ法典で対処したい件。

埼玉県狭山市で昨年1月、同居女性の次女(当時3)に冷水をかけて放置するなど虐待し死亡させたとして、保護責任者遺棄致死や傷害などの罪に問われた無職、大河原優樹被告(26)の裁判員裁判で、さいたま地裁は25日、懲役12年6月(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。傷害罪は「犯人性が証明されていない」として無罪とした。

 高山光明裁判長は判決理由で「被害者は保護してくれる存在であるはずの父親代わりの被告から虐待を受けた」と非難。「虐待の大部分を実行しており、刑事責任は重い」と指摘した。

 

日経新聞記事より。

私は別に復讐論者じゃないし、基本的には死刑に反対の意向ですが、こういうのを見聞きする度に、

 

てめぇらにも同じ苦しみを味合わせてやるよ!

 

などと暴力的な感情が一気に振り切れる状態になります。

もうね、子供って大人に対抗できないでしょ?絶対的に勝てないでしょ?もう絶望意外に何もない訳です子供の虐待って。

 

イジメより性質が悪い。

 

イジメは場合によっては第三者が介入できる。でも、自身の子供の虐待は第三者の介入が極めて難しい。しかも外に見えにくい。気が付いた時には手遅れと言う事が多い。

 

その意味で、イジメより遥かに性質が悪く、それこそ厳罰に処する案件だと思う。

 

もう、尊属殺の規定を改めて、親が子供を殺した場合の量刑を死刑までありにしたらどうですか?

 

少子高齢化で、子供を多く育てる事が可能な社会にしようとしているのに、こういうバカ者がせっせとその芽を有り得ない残虐な方法で摘んでいる。それはもう大きい括りで言ったら、国家存亡の危機でしょ?現行法令では親が子を殺しても死刑にはならないが、子が親を殺したら量刑は死刑までになる。

 

物理的にも抵抗できないものを殺すのと、抵抗可能なものを殺すのとは違う。どっちが良い悪いでは無く、どちらも悪だが、抵抗できない方がより、重みをもって裁かなけれならない法的弱者なのではないか?という話。

 

だから、言動が過激にもなる!同じ思いをさせて殺してでも罪を償わせろ。

 

古来中国では、尊属殺は皇帝を殺す罪の次に重かった。量刑も普通に殺すのではなく、おおよそ考え付く最悪の方法で惨殺する事と定められていた。そのくらい、罪深いのだ。失われた女の子の命は戻ってこないが、その敵は取ってあげられる。法に血がか通うならば、また激情をもって、重罪犯には断罪をして欲しい。

 

誰も書かないから、中国広州の洪水の事、書くよ。

(中国通信社発情報)

広東で豪雨、12人死亡

(中国通信=東京)広州8日発新華社電によると、中国広東内の複数の地区が豪雨から大豪雨、局地的に特に大きい豪雨に見舞われ、すでに12人が死亡、3人が行方不明になり、6700戸の家屋が倒壊、直接の経済損失が10億5200万元(1元=約13円)に上っていることが最新のデータで明らかになった。

広東省水文局のまとめによると、5日から、広東内を強い降雨帯が北から南へ進み、広州、韶関、清遠各市などで相次いで豪雨から大豪雨、局地的に特に大きい豪雨が降り、65の観測点の総雨量が100ミリを超えた。

広東省災害対策本部によると、強い降雨帯がたえず南下したため、省内の被害は一段と拡大した。初歩的集計によると、今回の強い降雨によって、広州、韶関、清遠など6市の28県(市、区)、238郷(鎮)が程度の差こそあれ、洪水、冠水に見舞われた。農作物の被災面積は5万8020ヘクタール、家屋の倒壊は6700戸、被災人口は87万5300人、避難者は6万7500人で、12人が死亡、3人が行方不明になった。直接的経済損失は10億5200万元で、うち水利施設の直接の被害は2億2700万元に上った。被害状況はさらに、集計、確認中。

水文実録資料によると、省内の複数の観測点で20年に一度、50年に一度という降雨量がみられた。5月6日午前8時から7日午前6時までの間に、広州市花都区雅瑶鎮の鎮政府は50年に一度という216・5ミリの降雨を記録した。恵州市博羅県、韶関市翁源県などの一部でも、50年に一度という特に大きい豪雨を記録した。

広東省災害対策本部によると、省内の北江、東江、韓江の水文管理所の水位、流量はいずれもめだって上昇した。なかでも北江上流のオウ(さんずいに翁)江支流では7日未明3時、101・48メートルの洪水ピークが現れた。1964年以降最大の洪水で、30年に一度というものだった。

また豪雨によって、広州市の広い範囲が浸水し、多くの居住地が水に浸かった。

 

地元記事の翻訳文まんま掲載。

これ、私が住んでる地域です。つうか、一番被害が大きかったところです。

 

レスキュー隊が救援物資積んでやってきました。

 

それを近くによって、写真撮ってたら・・・。

 

『こっちは仕事でやってんだよ!邪魔だから、とっとと下がれ!』

『あぶねーんだよ!!』

 

とレスキュー隊のお兄様に中国語で怒鳴られてしまった。

 

すいません・・・。

 

まあ、そのくらい大変な状況だったのよ。

 

私の住んでいる高級マンション群は水害の多い、広州の地域性を理解していて山の上なので、びくともしてなかったですが、城下町は水没してた。

 

これが格差ってやつだよねって如実に感じたな。

 

中国は共産主義だが、金持ちと貧乏人の差はもう熾烈を極める。

 

日本の本社に籍を置く外国人枠じゃなかったら、私は間違いなく一緒に水に沈んでただろうね。特別枠の特別待遇だから、住んでいられる安全地帯だった訳だから。

一体国民をいつまで働かせる気なんだ?

自民党一億総活躍推進本部(本部長・川崎二郎厚生労働相)は「希望者には70歳まで働ける場を提供すべきだ」などとする政府への提言案をまとめた。少子高齢化で労働力が先細るなか、働ける高齢者に社会保障の「支える側」に回ってもらう考えだ。昔に比べ元気な高齢者が増えていることを踏まえ、加齢と老化の相関関係を検証することも政府に提案する。

 10日をめどに最終決定する。政府に提出し、政策への反映を求める。

 現行制度で企業が従業員を雇い続ける義務を負うのは原則65歳まで。提言案では70歳までフルに働けるように、国や地方自治体、産業界に環境整備を訴える。仕事を仲介するシルバー人材センターの機能強化などで高齢者の職場を確保する必要性も示した。

 現在60~70歳の間で選べる年金の受給開始年齢については「70歳より上の年齢も選べるよう検討すべきだ」と提言。開始を遅らせるほど毎回の受給額が増えるしくみにし、働き続ける意欲を損なわないようにする。

 女性の就業促進に向け、妊娠中の保育園の予約受け付けを自治体に求める。病気になる人を減らすため、スマートフォン不整脈を検知するような簡単な自己検査をする人に優遇措置を検討するよう求めた。

 

 

日経新聞記事より。

 

えっと、いつまで国は働かせる気なんですかね?

 

全世界レベルで見ても、長寿大国で、人類が経験したことのない未曽有の少子高齢化を迎えた日本の答えが、ジジババにもっと『働いてもらえばいいじゃない?』でファイナルアンサーとは随分と情けない回答ではないですか?

 

だれも文句言わないけど、これってただ年金払うのが遅れるとか、労働時間が延びるとかの問題ではないでしょう。はっきりって少子高齢化対策の有効打が無い事のツケを国民に回しているだけだからね。

 

結局そこで効果のある施策が打てないから、移民をさせたく無い現政府は今いる国民に何とかしてもらうしか手が無い!それだけだから。

 

ただし、これにはリスクが伴う。

 

いまですら、夏場に高齢勤労者が熱中症などで緊急搬送される件数が年々増えてるってニュースにもなってる。扱いは小さいけど。70歳まで働くって事は各労働の場を70歳まで働ける環境整備が必須になるってことだよ?

 

今の労働環境はマイナーチェンジをしつつも基本的には30年以上前の行動経済成長期のモデルを下地にしている。そこに70歳の高齢者が現役として働くことを前提にしたシステムがあると思う?ある訳ないでしょう。

 

60歳、65歳なら元々の制度が60歳を目途に設計されていたからまだわかる。ギリギリ誤差範囲だ。でも70歳は違う。現行の男性の平均寿命が70代前半なのを考えても、定年を70歳にするって事は、人にも寄るが死ぬ直前まで働ける世界になるという事だ。現役を引退したら即、年金貰わずに死ぬ世界にするということでしょ?

 

寝たきり老人がいる。アルツハイマーを患う人がいる世代が、働くことが可能な制度設計なしにそんなこと言われれば今まで出てこなかった事故が絶対に起きる。

 

60代の労働者と70代の労働者はもはや次元が違うと思わなくては設計を変更することは難しい。今の官僚は本当にその辺の想像力が働いているのだろうか?複合原因で狭い施策を選択せざるを得ない事は理解しているが、先細りになる一手になんの価値があろう。今必要なのは、未来が開ける一手を打つこと。将来に選択肢を残すために選択肢には保険を複数かけておくこと。そういった意味で昨日のAI活用は有りだと思う。

 

人間はしぶといのだからもっと頭を使え。

 

官僚も、政治家も優秀なんだろこの国は。少なくても、自慢できるような学歴をお持ちの秀才ぞろいなのだから、凡夫の国民をバカげた制度設計で苦しませるような真似は避けてくれ給えよ。

 

もっと想定を根底から考え直せ。今の設定は私が思うに甘すぎる。

AIと人類のコスト対決

ブログ記事より抜粋。

 

コストが要求される人工知能に比べて、人間は1時間1000円くらいでも調達できるコストパフォーマンスが抜群に良い自律型知能である。標準で学習能力を搭載しており、演算処理やメモリを頭部に内蔵している。予期せぬ例外状況にも対応できる潜在能力を持っており、ネットワークや電源が繋がらない環境でも長時間学習活動ができる。個体差が大きいが、教師の存在によって判断の品質を維持できる余地がある。その判断能力の汎用性は現在の大企業で提供しているどの人工知能サービスよりも高い。

人間の大きなアドバンテージはハードウェアも標準で付属していることだ。人体は極めて精巧なハードウェアである。このような精巧なハードウェアは今現在いかなるロボットでも実現できておらず、実現できたとしても極めて高価だろう。人体のようなハードウェアを制御できる自律型人工知能も実用化の目処が立っていない。人間はソフトウェアとハードウェアが標準で揃っており、1日の稼働時間に限界が存在するが、これを交替制でカバーしていける余地も存在する。人間は極めてコスパが良いのだ。この優位性は、現在の人工知能開発やハードウェアを取り巻く状況が根底から覆るような革新がない限り、維持できるだろう。

 

抜粋終わり。

 

一理あるのかもしれない。

 

ただ、AIの凄いところは、人間でいう個人差が無い事と、体調不良で調子が悪い等のバラツキが極限までない。あと休まない事だと思う。そういうコストを考えると果たしてそこまで人類の方がが安いコストと言えるだろうか?

 

まだ、幸いAIが人類に勝てるのは特定の一分野だけだ。ところが、深層学習を可能にしたAIが昨今いるとかいないとか。とすると、人間の脳細胞の様にシナプスで繋がるが如く、ネットワークでつながるAIどうしが誕生しないとは考え辛い。

 

そうしたら、一定の速度で働き続けられるAIはランニングコスト最強の労働力なのではなかろうか?

 

一瞬の時間を切り取ってコスト1000円だと、学習も手足の連動も可能なマンインターフェースが優秀だと言われても、私にはそのコストメリットがあまり感じられない。

 

むしろAIが苦手とするのは、『感覚』で対応する分野で、それには優れたセンサーが必要なんだけれども、センサーを開発するようなAIが、今後誕生する可能性はあるのだろうか?例えばパターン学習的な分野はきっとAIは得意だ。だから、無制限に演算装置を増やしてやれば、将棋の世界でもプロ棋士に勝てた。

 

でも、

 

人間の指先の器用さを再現するセンサーを開発し、それを実際の作業に使える様にする技術は果たして開発可能か?

 

私がAIがカーボンベースの生命体に勝てない理由はそこじゃないかと思ってる。

 

極端な話、もしも『いきもの』よりもAIが優れていて、ターミネーターの様なスカイネット的なAIが人類を圧倒して、人類が滅びたとしよう。そのAIが他の天体に果たして進出するだろうか?

 

しないのではないだろうか?AIにとって『死』の概念が理解できないから。いきものはそれを獲得するまで、自覚のあるなしに関わらず長大な時間を掛けて進化してきた。それこそセンサー開発が役に立つのか立たないのか分からなくても、『試した』訳だ。AIにはおそらくその無駄を敢えてやる事が出来ない。

 

効率を求め、そこに特化する性質を元から持っているため、無駄を意味のないものとして最初から排除してしまうのではないだろうか?過去人類を始めとする『いきもの』が獲得した進化は一見無駄に見える処から獲得したことも少なくない。AIにそういった偶然が生み出せるのか?または偶然をヒントに進化可能なのか?

 

私はこれが出来ないと思っている。

 

だから、スカイネットに負ける事は無いだろうし、AIが人類を超える事もまた無いと思う。爆発的に成長でき、疲れを知らず、無限に個人差無く情報端末として増殖可能なAI生命体と言うべき機械が誕生したとして、それがもしこの宇宙のどこかにいたら。今頃、どっかの宇宙を支配して地球に来てても不思議はない。だって、奴ら留まる事を知らないだろうから。

 

今のところそうなっていない所をみると。

 

そこまで進化できないのでは?と推測するに至った次第。

 

で、最初の結論ね。

 

『コストで人類はAI勝てない。ただし、代替え不可能な分野がありそう。』が私なりの答え。

安部首相の脳みそはまだゴールデンウィーク中の様で。

もうね。安倍首相は連休で頭の中身まで休みに入ってしまわれたのかしら?と思うほど舐めた意見だと私は思う。

 

諦められないんだなきっと。

 

改憲機運を高めた96条改定の起案についても国民から以外にも真っ当なコメントがニュースを通じて寄せられ、ネットでも概ねまともな意見が大勢を占めた。これは私にとってかなり驚きの反応だったが、戦後70年を迎える今になって、大方の憲法教育が間違ってはいなかったと言って差し支えない勝利だったと思う。

 

然るにこの首相、何としても改憲を成功させた首相として未来永劫名を残したいのか、はたまた明後日の改憲論議で、暗愚の首相として歴史に名を刻みたいのか。

 

意見の分かれるところだが。

 

今の所、後者の道を驀進中だと私は思っている。

 

奥平 康弘, 木村 草太共著『未完の憲法』を首相はお読みになった方がよろしいかと・・・。

 

憲法学会の碩学、奥平先生と新進気鋭の憲法学者、木村先生が対談形式で進めている憲法の解説書で、昨今の改憲論議が如何に怪しい提案かと言う事と、それを受けて、決して専門家でもなんでもない、一般民衆の反応が如何に的を得ているのかが、感覚としても、理屈としても解りやすい名著。

 

残念ながら奥平先生は昨年既にお亡くなりになっており、これだけの哲人学者がまだ日本に居たのだと非常に感服したのを覚えている。

 

個人的にこの著作を読まずして、憲法を語る人は基本的に信用しなくて良いと思っている。そのくらい今の改憲論議は民衆不在の明後日方向を向いている。むしろ、本能的に正しい道を選んでいる一般の皆さんに是非とも読んで頂きたい。霧が晴れるがごとく、自分が正しい事が理解できると思われます。

 

こういう学者こそ所謂、学者然とした学者だと私は考えます。

 

どんな分野でも構わないが、専門家と呼ばれるからには是非とも、かくありたいものだ。

続きがあったの知らなかった事。

山本五十六の明言

 

やってみせて、言って聞かせて、やらせてみて、ほめてやらねば、人は動かじ。話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば、人は育たず。やっている、姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。

 

やってみせて、の下りは知っている人も多いと思いますが、その後の話はこれなかなか知らないと思う。私だけかもしれませんが。

 

人が育って、実るとはまたうまい言い方だと感服致しました。

 

これが出来る上司がいれば凄いのだろうが、なかなか出来る事じゃあないよな。

人は無制限には働けません!

労働基準法36協定とか、なんで過労死を避ける為の基準が必要とか色々書いてあるのでしょうが、法的解釈や縛りの問題はとりあえず横に置いておいたとしても、要は『働き過ぎで死ぬのはおかしいでしょ?』というのを明文化しただけです。

 

脳・心臓疾患による過労死の労災認定基準は過去の様々な疾病データから、算定された基準で、万人に適応できるように一般化された基準であろうと思います。それによると、「発症前1カ月間ないし6カ月間にわたって、1カ月当たり平均45時間以内の時間外労働は発症との関連が弱いが、45時間を超えて長くなるほど関連性は強まる発症前1カ月間に100時間、または2~6カ月間平均で80時間を超える時間外労働が認められる場合は、業務と発症との関連性が強い」とあります。

 

これに従うならば、概ね月45時間の時間外労働が医学的にも労働衛生学的にも健康をキープして働ける限界残業ラインだと考えられます。

 

これを月に直すとおおよそ2時間程度の残業となりますから、36協定で月間残業時間の上限を36時間縛りにするのは十分効果が見込めます。

 

逆に過労死関連が強いと言われる月80時間以上の残業は死に向かってのカウントダウンと言う事になります。

 

実際、月間80時間越えはもう人が快適に過ごす時間割を超越しています。100時間を超えると日常的に行っている生活作業、入浴とか食事とか家族の会話とか、妻、彼女、子供、親、兄弟とのスキンシップとかそう言った根本活動のどれかを完全に切らないと継続できなくなります。150時間越えになるともはや生命維持の最低限の食事と睡眠以外の時間は取れなくなります。

 

既に限界を超えてますから、パフォーマンスは最悪のはずです。作業ミスも当然多いでしょう。

 

私は瞬間最大100時間、常時80時間越えを20代の頃体験したことがありますが、1年でダウンしました。体が動かなくなり、ドクターストップがかかったのですが、それが無ければ確実に過労死だったと思います。

 

血圧が上220、下、110なんてマークしたのは後にも先にもあの時だけです。医者から『これで血管が切れたりしないで自覚症状も無いのはもはや奇跡』と言われました。

 

まさに機械では無い人間は限界を超えて働いても良い事無い訳です。

 

それよりも、一定のパフォーマンスが保てるように働いた方が、効率も精度も良い訳です。それを利益追求が至上命題の経営者に任せること自体、本当は狂気の沙汰なのかも知れませんね。

 

だから、労働基準法はもっと罰則に厳しくてもいいのかもしれません。

 

今回の働き方改革が骨抜きにならない事を祈ります。