トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

宗教性を失いつつある日本じゃ当たり前の光景。

 

シロクマの屑籠さんのブログ記事に「自覚しない限り、まずい言動を繰り返す」という袋小路を避けて叱ってくれる人間関係を予め構築しておかないと、後になって本当に誰も叱ってくれなくなった時に「まずい言動を繰り返す中年が爆誕することになる。」と締めくくっている。しかも、不味い言動を戒めてくれる人が出てこない以上、そのまずい人の言動はエスカレートする可能性を指摘している。

 

叱ってくれない事を望んだ人が一定数この日本界隈にいた結果、世の中こうなった的なブログ。

 

言っている事に一定の理解は示せるが、本当にそうなのだろうか?と違和感が個人的に残らなくもない。例えば倫理学何かを大学で先行して結構真面目に勉強した人とか、何かしらの哲学や宗教学なんかを勉強した人。またはそれら哲学、宗教なんかを実際に信仰の対象として実践している人でも良い。そういう人にはもしかしたら、あてはまらないのではないか?と疑問に思えて、なんか引っかかる。

 

それが、明確に「何」なのかを言葉でしっかり説明できない所が、私の浅薄な所なのですが。違和感が残るという事はどこか納得していない訳で、それが気になっていると言う事なのだろう。

 

何かしら宗教を持っているか、師匠的な人が居て、哲学的な思索を繰り返した人だとこういうことどう考えるのだろうか?

 

日本にはそもそも、天皇制に代表されるようなちょっと深い宗教じゃない宗教性が存在していて、それがある種の道徳観念になって長年息づいていたと思う。新渡戸稲造はそれを「武士道」なんてかっこいい概念にまとめたけど、別に武士に限ったことではない。日本人道でも良かったくらい日本人的概念だと思う。ただ武士はそれを道というくらいブラッシュアップしていたので、参考にまとめやすかったという事だと私は思う。

 

で、結論なんですが。

 

叱ってくれるような知り合いを持てなかったとして、周りが迷惑するようなまずい言動を繰り返す人が増えたとして、それが行けない訳でも無いし、そういう人が多い世界で、上手く行く様に知恵を絞るしかないと思う。最近言われているダイバーシティ的考え方も、結局色々な性質の人達と上手くやって行けるようにしましょうって考えだとおもうし、もしかしたら、そういうまずい言動を繰り返す人も、何かの分野では組織に良い影響を及ぼす力を持っているかも知れない。

 

幸い私の場合、放置される事も無く、いさめてくれる友人に恵まれていると思う。

 

本当に自分が幸せだと思う所は、私の同級生には私自身に耳が痛い事を、例え友人関係が壊れることが有ったとしても、私に直に進言してくる人が多いと言う所だ。

 

そんな彼らを私は非常に尊敬している。私以上に透徹した人生観をもっている稀有な存在だと思っていつも接している。でも、阿る事もなく、すり寄る事もなく、個々が独立していて尚、年二回集まるくらいに繋がっている(笑)

 

もう四半世紀の付き合いになるが、彼らのお陰で常に複数のライバルを抱えている感覚を持ち続けているため、精神的にとてもリフレッシュさせていただいている(笑)

 

本当の幸せは本人にしかわからないだろうが、私は胸を張って、幸せだと言い切れる。少なくても、今は(笑)

 

もしかしたら、まずい言動を繰り返す中年には既になってしまっているのかもしれないが、だったとしても、それを踏まえて、生きていける様な生命力は持っていたい。

最早焦土作戦の様相になってきつつある?

中国南部にある半導体メーカー、福建省晋華集成電路(JHICC)。東京ドーム8個分の敷地にそびえる真新しい巨大工場は、もぬけの殻になっている。2018年夏の量産準備時に1千人以上いた従業員の大半は解雇された。

JHICCは習近平(シー・ジンピン)国家主席肝煎りのハイテク産業育成策「中国製造2025」の目玉国策会社だった。6千億円余りを投じて18年末の量産をめざしていたが、米商務省が同年10月に半導体製造装置の輸出を規制。さらに米連邦大陪審が同社に米企業から盗まれた技術が渡ったとして訴追し、量産計画は頓挫した。

中国国有通信最大手、中国移動(チャイナモバイル)の米参入を全会一致で拒否した9日の米連邦通信委員会。対中強硬派のブレンダン・カー委員は、中国の通信会社の徹底的締め出しを提案した。20年近く米国で事業を営む中国電信(チャイナテレコム)を「米国の通信を乗っ取り中国に送っていた」と、免許取り消しを検討すべきだと訴えた。

米国はハイテク技術や機密情報が盗まれると懸念し、中国企業の排除を先鋭化している。対中制裁関税は「第4弾」ですべての輸入品に対象を広げる。相互依存関係にあった米中の分断が深まり、グローバルに絡み合う企業を翻弄する。

 

 

日経新聞記事より。

 

機密情報の盗用は事実かどうかは兎も角、しっかり判断すべき問題だ。

先にも何度も述べた通り、他国の利益や、国際貢献なんて言葉は中国にとって何の意味もない。優先順位も当然低い。中華思想とは、中国だけが一番、中国だけが大切なのだ。だから、他の国の人から見ると、とても非道な事をしているように、自分勝手に見えるが、中華思想の中国人からしたら、何がいけないの?ってな見え方をする。

 

解ります?(笑)彼らにとっては常識なのよ。当たり前の事なの。

 

日本の外務省もその辺の事は当然知り尽くしていると思うが、どうにも国民の側から見ていてそういう風には見えないのよね。

日本の捕鯨よりこっちの方が大問題だろ?

香ばしい匂いが食欲をそそる夏の味覚、ウナギ。近年は養殖に使う稚魚の不漁が深刻で、国際的な資源保護の強化が欠かせない。ところが、そのための会議に中国は5年連続で参加せず、取り組みが進まない。中国はサンマでも公海の漁獲枠導入に反対する。「中国の穴」をふさぎ、各国が協調して資源保護を進めなければ、身近だった食材が次々と食卓から遠のきかねない。

 

 

日経新聞記事より。

 

日本よりも圧倒的に中国の方が、ウナギも、サンマも食べられてるって知ってます?日本食として(笑)

 

すき屋だって、中国にフランチャイズ進出してしばらくたつけど、日本より安い値段の並盛で食えるし、(円元レートにも寄るが。)中華風アレンジの牛丼シリーズが意外とうまい(笑)

 

サンマは何故か、中国では日本食の魚系定番と思われていて、魚定食とか言うと確実にサンマが来る(笑)日本じゃ紅鮭だよね?多分(笑)

 

その中国が、資源保護をお構いなしにガンスカとってるんだから、そりゃ完全養殖が出来ない稚魚頼みのウナギなんてそうそう資源保護出来ないだろうよ。だって、中国側からしたら、儲かれば良いのだから、絶対利益を度返しにしてまで、環境保護しようなんて思わないから。

 

最近、SDGsの方へ傾いた風に見えて、一生懸命、環境保護、化学物質管理に舵を切っている様に見えるだろうが。実際、罰則こそ今は無いものの、化学物質管理の規制法令は今は中国が全世界で一番厳しいレベルに達している。

 

なにせ、中国四大銀行の一角、中国農業銀行が、今後、継続的発展が望めない企業には投資を行わないと2018年に宣言している。

 

中国が変わったのか?と思ったあなた。さにあらず(笑)

 

ラクリはこうだ。

 

中国は現在、華為(ファーウェイ)など、IT産業やAI技術の覇権を握ろうと、それこそスパイ大作戦さながらの、硬軟織り交ぜたありとあらゆる施策、政策、謀略、盗略の限りをつくしている。それが、アメリカとの貿易戦争へ発展しているのだが。

 

つまり、今までは製造業を中心に発展した中国だが、もう中国の土壌や空気を汚す産業で儲ける時期は終わったと判断しているのだ。今度はその儲けを使って、次世代技術の覇権を握り、今まで設けた化学物質産業をはじめとする工業技術分野の製造業は環境保護や継続可能な事業計画SDGsをかさに着て、中国国内から叩き出す良い方便につかっているのだ。

 

共産主義の凄い所はこういうところ。

 

何度も日記で説明している通り、地図に一本線を引いたら、そこに道が出来る国なのだ。共産党が、こうだと言えば、それは限りなく現実になる。

 

そして、国内の中国国民にはこう言う。『私たち共産党環境保護に全力を尽くします!』『中国発の新しい技術を獲得し、国家に貢献します!』そしてその二つの言葉の下に透明のインクでこう書いてある。

 

どんな汚い手段を使っても!世界の覇権を握るために!

 

と。(笑)

 

国民の為なんて思って無い無い。一部のエリートが狂信的に国民の為になると思っている本物もいるにはいるけど。超絶エリート層の過半数は国民よりも国家が大事と本気で思っている。つうか、国家を大事にする事が、ひいては最終的に国民の為になるのだから、その為に多少国民に辛い思いをさせてもそれは必要悪である!ってな認識でしょう。

 

だから、自国民よりも、優先順位が低い他国民、国連の事や、その他世界の環境の問題なんぞ、中国にとっては枝葉末節、関係無い事なのだ。これが中華民族の基本的なものの考えかた。

 

おぎゃーと生まれた赤ん坊でもDNAレベルで刻まれている道理なのだ。

 

日本人が生まれた瞬間に島国根性と超絶同調主義なのと同じ(笑)これこそが、ナショナリズムと言ったら、誰かに起られるのだろうか?

いよいよ本格的に雇用の流動性が現実のものとなるな(笑)

自動車業界トップも終身雇用の継続は難しいとの認識です。

 日本自動車工業会豊田章男会長:「なかなか終身雇用を守っていくというのは難しい局面に入ってきたのではないかと」
 トヨタの豊田社長は業界団体のトップとして、終身雇用について「雇用を続けている企業にインセンティブがあまりない」などと述べ、今のままでは継続は難しいとの認識を示しました。一方、中途や派遣の社員が増えているとして、「やりがいのある仕事に就けるチャンスは広がっている」と述べました。終身雇用を巡っては、経団連の中西宏明会長も「終身雇用なんてもう守れないと思っている」と発言しています。

 

 

NHKWebニュースより。

 

いよいよ経団連だけでなく、トヨタ自動車のトップまでが、これを口にした。

 

今後間違いなく、終身雇用をしない流れが政治のフェイズで論議される事になるだろう。だって、自動業界職員はそういう終身雇用を守る議員を落としにかかるだろうから。

 

ただ、かなりの権力をもっている自動車労組はどうすんのかね?

情報通信技術が究極に発達すると民意は消える?

前述の東浩紀さんは、かなり早い段階から、ミシェル・フーコーによる「管理社会」批判の成果などを踏まえる形で、ハーバーマス啓蒙主義的な思想家が擁護しようとした「市民的公共性」という概念が、ICT(情報通信技術)の普及に支えられた高度消費社会の中で急速に現実的基盤を失いつつあることを見据え、独自の現代社会論を展開してきました。

彼が15年ほど前に雑誌に連載した『情報自由論』では、人々が大資本や国家などの、ひたすら快適な生活空間を提供してくれる「環境管理型権力」によって飼いならされ、すなわち「動物化」された結果、自立した意思決定を行い、公共性を担うはずの「市民」はもはやどこにも実在しないのではないか、という問題提起を行っています。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

かなり面白い主張。その通りの部分もあるだろう。

ただ、私は彼の言う通りにはならないと思う。

哲学でも、ある種の宗教でもいいのだが、そういったやってる本人が認めている普遍性を自分の人格の他に持っている人にはこの手の問いは至極簡単な話だから。

 

そもそも、宗教や哲学ってのは自分の善悪の判断基準という側面が強い。だって、人間は迷う生き物だから、困ったときにどうするか判断できないと詰むでしょう?そいう普通に答えが出せない悩みや困難にぶつかった時に哲学やら宗教ってのが役に立つように出来てる。

 とするとだ。高度な情報管理社会になり、そういった環境を無償提供してくれる政府があったとして、その無償提供されている心地いい状態を非と、否と、する人たちが絶対るはず。これは自分の人格以外に判断基準を持っている人たちはきっとその性質上気が付く類の問題だから。

 逆にそう言う価値判断外部装置を持っていない人は簡単に転がると思う(笑)

 

実際に彼が述べる状態に近くはなっているのだろうから、間もなく検証できるタイミングが来るんじゃないか?(笑)楽しみではないですか。

東大生のノートの取り方って勉強になります(汗)

みなさんは、どのような目的でノートやメモをとっているでしょうか? 「書いたほうが覚えられそうだから」「後から見返して復習するために」など、いろいろな回答が考えられます。そしてそれはすべて正しいと思うのですが、東大生がノートやメモをとる目的は少しだけ特殊です。

「授業や読書などで得た情報を、後から自分で『再現』できるようにするため」

ノートやメモを見なくても、他の人に自分で説明できるようにするために、ノートをとっているのです。

例えば普通、ノートといえば先生が黒板に書いたことを丸写ししたり、本に書いてあった情報を整理して書いたりすると思います。しかし、それは「インプット」の手段でしかありません。情報を丸暗記する手段としてしか活用していないことになります。

東大生はそうではありません。ノートやメモを「アウトプット」の手段としても使うのです。

(中略)

単に自分の理解や納得のために授業を聞いたり本を読んだりするのではなく、「後から誰かに説明するタイミングが来る!」という意識の中で話を聴いたり本を読んだりすると、格段に記憶に定着しやすく、成績も上がりやすいのです。

 

 

週刊東洋経済記事より。

 

もう、目から鱗駄々洩れ(笑)

こういう観点でものを見てる人達だもの、そりゃ伸幅もスピードも違うは(笑)

 

東大生のノートを取る目的 → 学習の再現性の為。

 

【その為の手法】

テクニック1:言い換える。

要するにこういう事。と自分の言葉に言い換える。

 

テクニック2:ロジックを残す。

そこに至るまでの道筋を記録する。

 

テクニック3:とっかかりをつくる。

記憶を引き出すヒモ付けをしておく。例えば授業の時先生が、【これはテストに出ないと思うけど、』とかのエピソードを欄外に書いておくなど。

 

この基本的な手法だけでも、随分と自分の今までのノートの取り方が、無駄が多かったのか分かる。上手く行っているノートの取り方と、そうでないノートの取り方があると自分では思っていたけれど、そいう差がなんで同じ人間で起きているのかをモット考えておくべきだった。

 本当に些細な違いなんだけど、そこに気が付いてたら、また変わった世界が見えたのかも知れない(笑)

大学進学前提の高校教育を見直す提言by自民党(馬鹿か?)

今の高校の普通科について、「偏差値で輪切りされ、大学入試に困らない指導をするあまり、生徒の能力や個性を伸ばせず、学習意欲が低下している」と指摘しています。
そのうえで「普通科の在り方を見直し、学校ごとに特色を出した新たな枠組みを作り、指導方針を明確化することが必要だ」としています。

具体例として、科学技術分野の教育に特化した「サイエンス・テクノロジー科」や、国際社会で活躍できる人材を育てる「グローバル科」、地域の課題を解決する人材を育てる「地域科」などを挙げています。
また、文系、理系を横断した教育の充実を図り、それに応じて大学入試の見直しも進めるべきだとしています。

 

 

NHKニュースwebより。

 

いやいやいやいや、バカですか?

 

学習意欲が出ねーのは高校受験なんてアホな仕組みがあるからだよ!

 

よく考えてみろよ!

 

今ほとんど高校教育は税制改正によって、無償化されてるんですよね?少なくても学費においては。私立まで無料にするのは私は大反対ですけど。だってあれは営利企業だから。公立は別よ?国営だから。無料にしないまでも公立と同水準の補助を行うならOK。

 

さて、

 

実質無償化が図られたってことは、要は高校までを義務教育って判定したに等しいよね?だったら、やっと有名無実化している義務教育は中学までって部分を取っ払う改革が先じゃねーの?

 

公立校は義務教育の名のものとに再編して、全部地域ごとのレベル制を敷いて、学力の純粋に高い順から並べたら?その上で、純粋な学力以外で勝負したい傍流の学校を作ればいいじゃん。それこそ関東とか北関東みたいな一定地域に一つくらいの専門性の高いマンモス校を作って、そこへ特殊系を選んだ人は行ってもらう。それこそ全寮制の職業訓練校みたいな格好にする。普通科に毛が生えたような専門授業の学校なんて、何の意味もない。それこを振り切れんばかりに思いっきり、舵を切った授業の精鋭部隊に育て上げる様なカリキュラムの学校にする。でないと、普通科で順位制の高校に進学した奴らと卒業後に戦えないじゃん。

 

技と職能で、学歴や頭の良さを凌駕する技能を身に着けさせる。それでこそ多様性が確保されるんでないの?

 

その代わり、従来型の高学歴を目指す人は高校卒業後、大学進学を目指してもらう。

 

やり方が中途半端なんだよ。変えるなら、振り切るくらい特化しないと、今までと変わらない。それでは世界の他の国に教育分野で勝てない!少なくても、日本の独自色を出すには弱い。こんな程度の提言しか出来ないなんて自民党にはがっかりだね。アホ臭くて涙も出ねー。