読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

相変わらずの中国様

日経新聞によると。

中国の習近平指導部が、国内の安定を維持するために強硬策を相次いで打ち出している。先週後半から人権派弁護士や活動家を全国で一斉に拘束し、一時的なものも含めると100人超と前例のない規模になったもようだ。株式市場への介入を通じ株価押し上げにも躍起になっている。経済成長が鈍化するなか、社会の安定を最優先する姿勢が一段と鮮明になってきた。

 中国の人権問題を扱うサイト「維権網」によると、13日午前8時までに当局に連行された弁護士や活動家らは合計107人に上る。湖南省山東省など19の省市にまたがり、最多は北京の23人という。目立つのは北京の「鋒鋭弁護士事務所」に所属する弁護士だ。

 「社会秩序を乱した重大犯罪の容疑」。国営通信社の新華社は同事務所の主任・周世鋒氏や有名女性弁護士の王宇氏らを刑事拘束処分にしたと大きく報道した。

貧すれば鈍するをじで行く電光石火の対応力。凄まじいとしか言いようが無い。下手な独裁国家よりも連携が取れている事がまた恐ろしい。