トマの日記

忘備録、雑感、所感などを日記形式で書き綴る。昔はノートに日記を付けていたけれど、ノートを持ち歩かなければいけなかったので、ブログ形式でWeb更新出来る様に変えたのがきっかけ。

中国発シェア自転車の件。

中国の自転車のシェア(共有)サービス大手、摩拝単車(モバイク)が日本に進出する。7月中に一部地域でサービスを始め、年内にも主要10都市程度に広げる。スマートフォンスマホ)で近くの自転車を探し、料金もスマホで決済する。同社は1年強で500万台を普及させたが、中国ではこうしたスマホを使うシェアサービスが続々と誕生。14億人の巨大市場で成功した中国勢が、この分野で出遅れた日本に「上陸」する例が増えそうだ。

モバイクはこのほど日本法人を設立。スマホの専用アプリを使い、独自開発した自転車をシェアできるサービスを7月中に始める。自転車に全地球測位システム(GPS)を搭載。利用者はスマホで最寄りの自転車を探し、QRコードを読み取ると数秒で解錠され乗ることができる。利用後はスマホで利用料金が自動決済される。詳細は今後詰めるが、当面は30分100円以下で試験提供するとみられる。

 交通渋滞の緩和や排ガス低減、住民の健康増進を期待しシンガポールや英国が導入を決めており、同社の海外展開は3カ国目となる。日本では放置自転車の増加を防ぎたい地方自治体と協力する形でサービス提供する。

 

 

日経新聞記事より。

 

本国中国では、自転車を特区に持って行ってしまって、業者が回収できない様にしてみたり、乗り方が荒くてノーパンクタイヤが破損してみたりと、どの辺がエコなのか小一時間問い詰めたくなるような状態になってます。

 

このシェア自転車が放置自転車に置き換わるだけじゃないの?

 

やり方気を付けないと、地自体も飛びつくと痛い目見ますよ(笑)

 

商売上手?な中国企業相手に普通の商売は成り立ちませんから・・・。

広告を非表示にする