読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうこういう人は議員辞めてくれ。

産経新聞のWeb記事より。

共産党の藤野保史政策委員長は26日出演したNHK番組で、防衛費が初めて5兆円を超えた平成28年度予算を念頭に「人を殺すための予算でなく、人を支えて育てる予算を優先させていくべきだ」と述べた。

 これに対し、自民党稲田朋美政調会長は「それは言い過ぎだ。(防衛費は)日本を守るためだ」と即座に反論。公明党石田祝稔、おおさか維新の会の下地幹郎政調会長は「人を殺すための予算」の取り消しや訂正を勧めた。

 日本のこころを大切にする党の和田政宗政調会長も「政治家の発言としてまずい。国民の命を守るために国防がある」とたしなめたが、藤野氏が番組中に応じることはなかった。

 

あの。この防衛予算は自衛隊の維持費にも使われていますが、この度の熊本震災では被害の食い止めや復興作業に多大な労力を割いてとてつもない速度で被災者の方々の為にそれこそ死力を尽くして働いてくださいました。

 

その働きを一切無視して、人殺し予算とは何と浅はかな発言でしょうか?

 

公党の議員としてというよりも、この人は人として被災に遭われた方々に何と申し開きするのでしょうか?ボランティアがあの震災の復興をできますか?崩れ去った橋で行方不明者の捜索が出来ますか?

 

あらゆる有事に備えて日夜、鍛錬と訓練に磨き抜かれて『待機』している精鋭の自衛官が居てくれるから、いざという時にあれだけ迅速に部隊を展開できるんです。自衛隊はその存在意義云々はともかく軍隊ではありません。

 

そして、ありとあらゆる後出しじゃんけんで起きる災害等の有事を一番初めに一番危険な場所へ飛び込んで支えてくれる尊い使命を仕事としてくれている方々です。消防や警察ですら危険で飛び込めない現場へ国民の生命と財産を守るという憲法の条文を守が如く飛び込んでくれる命がけの人たちです。

 

仕事としていても果たしてはいそうですかと飛び込めるでしょうか?

 

そんな命がけの人たちに『人殺し予算』なんて良くも民意の代弁者たる公党の議員が言えたもんだと本当に情けなく、残念に思います。